健康・スポーツ×福祉・心理×保育

健康福祉学群

健康・スポーツ×福祉・心理×保育

2023.4 START!

学びをかけ合わせて、人の心をつないでいく。

  • 「すべての人に健康と福祉を」
  • これは、国連のSDGsの一つです。
  • 健康的な生活を確保し、福祉を推進するために、
  • さまざまな分野の専門職が意見を出し合い、
  • 力を合わせています。
  • 多様化する社会のニーズに対応できる、
  • 新たなプログラムがスタートします。
  • ひとつの専門分野、テーマの学びを究めるのはもちろん、
  • 関連分野にも関心を拡げ、
  • いわば「二刀流」の学びにもチャレンジできます。
  • あなたが大学で学びたいこと、
  • 将来つきたい仕事は何でしょうか。
  • 多様な学びのかけ算で、
  • あなたの4年間のロードマップを描きましょう。
  • 「すべての人に健康と福祉を」
  • これは、国連のSDGsの一つです。
  • 健康的な生活を確保し、福祉を推進するために、
  • さまざまな分野の専門職が意見を出し合い、力を合わせています。
  • 多様化する社会のニーズに対応できる、新たなプログラムがスタートします。
  • ひとつの専門分野、テーマの学びを究めるのはもちろん、
  • 関連分野にも関心を拡げ、いわば「二刀流」の学びにもチャレンジできます。
  • あなたが大学で学びたいこと、将来つきたい仕事は何でしょうか。
  • 多様な学びのかけ算で、あなたの4年間のロードマップを描きましょう。

新しい時代の健康と福祉のプロへ。

OPEN CAMPUSはこちら

健康と福祉の

プロフェッショナル育成

6つの専攻からメインとなる専門分野(メジャー)を選び、マイナーと組み合わせて専門的な知識とスキルを獲得します。グローバルな視点を持つ健康と福祉のプロフェッショナルを目指します。

対人支援の基本となる

コミュニケーション

人の話に耳を傾ける、相手の立場に立って感じとる、自分の考えを言葉で伝える、などコミュニケーションを重視し、対人支援に役立てます。多様な意見や価値観を知り、他者との協働を学びます。

地域や社会への貢献、

国際交流

机上の学びにとどまらず、体験を通しての学びを重視し、地域貢献や社会貢献、国際交流の機会を大切にしています。桜美林学園の教育理念「学而事人」(学んで人に仕える)を実践します。

新しくなった

健康福祉学群の特長

新しい時代を支える

3領域・6専攻

3領域は生涯にわたって心身の健康と生活の質の向上を支援
する学びの分野、6専攻は各領域で修得できる専門分野です。
2年次秋にはメジャープログラムを確定。3領域を横断し幅広く
学ぶことで視野の広い専門性を獲得します。

3領域・6専攻

健康・スポーツ 領域

健康科学専攻

健康心理、健康教育、公衆衛生領域を学修し、高齢者や障がい者を含め一人ひとりが健康を維持、増進できる専門的知識を獲得します。

詳しくはこちら

健康・スポーツ 領域

スポーツ科学専攻

コンディショニング、ハイパフォーマンス、スポーツビジネス、スポーツ政策領域を学修し、スポーツを楽しむ・支える・極める人材を育成します。

詳しくはこちら

福祉・心理 領域

社会福祉学専攻

生活する上でのニーズの充足が困難な、高齢者や、障害がある人、子どもなどを対象とした福祉の制度や支援方法を専門的に学び、「社会福祉士」の資格取得を目指します。

詳しくはこちら

福祉・心理 領域

精神保健福祉学専攻

こころの病気を持つ人の福祉の増進や、すべての人のメンタルヘルスの向上のための支援を学びます。所定の科目の履修により精神保健福祉士を目指します。

詳しくはこちら

福祉・心理 領域

実践心理学専攻

あらゆる人を対象とした対人援助に役立つ実践的な心理学的支援のアプローチを学びます。「公認心理師」の学士課程カリキュラムを備え、大学院の内部進学も目指せます。

詳しくはこちら

保育 領域

保育学専攻

保育の知識・技能と幅広い専門分野を学修します。知識と実践力を身に付け、心身両面から子どもと保護者をサポートできる保育者の養成を目指します。

詳しくはこちら

close

こんな人を育成します

すべての人が『健康』を基盤とした豊かな人生を歩むため、乳幼児から高齢者までの生涯に渡るライフステージを対象とした健康科学領域に関する知識・実践力の獲得を目指します。また本専攻の教育を通じてコミュニケーション能力、常識とモラルなど高い人間力を持ち合わせた人材を育成します。

PICK UP SUBJECT

スポーツ医学概論

スポーツにおけるケガや病気、メディカルチェックの意義を学び、アスリートのパフォーマンス向上のための指導法を修得します。

発育発達学

乳幼児期から成人における発育発達の個人差や基本的動作(走投跳など)について学び、加齢に伴う老化についても理解を深めます。

こんな人を育成します

ライフスタイルの異なる現代人が抱く『スポーツ』に関する様々な問題に対し、科学性をキーワードにしながら、その問題解決に必要な専門知識を学修します。その専門性を用いて、論理的・説得的に問題を分析、解決する能力を養うとともに、多様なニーズを持つ人々がそれぞれにスポーツを楽しむことを支援できる人材を育成します。

PICK UP SUBJECT

スポーツ栄養学

運動時におけるエネルギーの仕組みや栄養素の必要量を理解し、パフォーマンスと食事・栄養の関係性、食事の摂り方などを学びます。

コンディショニング演習

パフォーマンスや健康増進に必要な筋力、パワー、柔軟性、全身持久力、コーディネーション能力の理解を深め、コンディショニングの方法を学びます。

こんな人を育成します

社会福祉の学びを中心にして、総合大学の強みを生かした健康、心理、保育、その他人間理解にかかわる多様な分野の学修と、授業の内外での体験的な学びを組み合わせます。それによって多角的な視点をもつことができ、実践力、コミュニケーション力、チーム力、企画力、課題解決力を身につけた「人財」を育成します。

PICK UP SUBJECT

地域住環境論

高齢者の自立生活を支えるための環境整備や福祉機器の活用について学びます。学びを深めるプロセスとして、福祉住環境コーディネーター2級試験の合格を視野にいれます。

ソーシャルワーク演習

ソーシャルワーカー(社会福祉士)に求められる相談援助の知識と技術に関して、具体的場面を想定しながら少人数の演習形式で学びます。

こんな人を育成します

精神障がいのある人やその家族の相談を受け、関係機関等と連携しながら社会参加を支援する福祉の専門職(ソーシャルワーカー)を育成します。少人数の授業、演習・実習を通じて、コミュニケーション力や支援の実践力を磨きます。また、4年間の学びを通じて、自分自身の心の成長も期待できます。

PICK UP SUBJECT

精神保健福祉実習指導Ⅰ

精神科病院やさまざまな施設を見学し、利用者の方と交流の機会を持ちます。援助の実際に触れ、現場での実習に備えます。

精神医学Ⅰ・Ⅱ

メンタルヘルス支援に役立つよう、さまざまな精神疾患について、実際の症例も交えながら理解し治療や対応を学びます。

こんな人を育成します

心理学の基礎から応用、実践へと知識・スキルを積み重ね、あらゆる人を対象とした対人援助に役立つ実践的な心理的支援ができる専門家を育成します。グループワークや参加型授業での話し合いや発表などを通して、対人的なサポートに欠かせないコミュニケーション力とカウンセリング・マインドを養います。

PICK UP SUBJECT

福祉心理学

福祉の現場で生じる問題とその背景、心理社会的課題と必要な支援、虐待や認知症に関する基本的知識を中心に学びます。

心理演習

心理支援を要する人に対する心理検査、心理面接などを少人数のロールプレイを通して学び、実践力を高めます。

こんな人を育成します

グローバル化する現代社会では、保育に対するニーズは多様化し、保育者のあり方も問われています。本専攻では、少人数教育を通じて、子どもたち一人一人が輝き、学びを深める支援ができる保育者を育成します。学修の場を学外にも広げ、自分のよさを再発見し、磨き、仲間とともに学び合いましょう。

PICK UP SUBJECT

子どものからだと健康

発育発達に関わる知識を最新データから吸収します。また、調査やデータ分析を通して保育者として重要な科学的な視点も培います。

児童英語教育入門/保育の英語Ⅰ・Ⅱ

保育の生活場面を題材に英語によるコミュニケーション能力を育成します。

共生社会の実現に向けた

理論と実践を
つなげる学び

理論の学習と実践を繰り返すことにより、
すべての人々の健康的な生活を実現し、
福祉を推進するプロフェッショナルを育成します。

知識・理解を深める学び

従来の学群共通科目に新設科目も加え、
専門基礎科目として再編。
専攻科目とともにすべての
人々の健康と福祉に寄与する知識やスキルを高めます。

新設科目の一例

  • コミュニケーションの基礎・コミュニケーション論(コア科目・専門基礎科目)
  • 多文化共生論(専門基礎科目)

コミュニケーションの基礎や多文化共生論を通じて、対人援助に必要な他者理解のための基本を身につけます。また体験的・実践的な学びを基礎に専攻科目で実際的な知識やスキルを獲得することで、さらに高学年での課題探究科目など学びの集大成に活かすことができます。

体験的・実践的な学び

現場体験科目(フィールドワーク)を新設。
高学年で実習科目を履修するまでに知識・スキルを活用した課題解決能力を段階的に身につけます。

新設科目の一例

  • 基礎ゼミナール(コア科目)
  • フィールドワーク(専門基礎科目・課題探究科目)

1年次の基礎ゼミナールでは、健康と福祉領域のつながりと広がりを仲間や教員と話し合いながら体験的に学びます。また、地域づくり、運動・スポーツ、子ども、高齢者、障がい者をテーマとした多彩な学外での活動を伴うフィールドワーク科目も1年次から履修可能です。知識やスキルを現場に活かすことで実践力を高めます。

専門性を高め、
関連領域も学び視野を広げる

メジャー・マイナー制

専門性を高めるメジャープログラムと領域・専攻の
枠を越えた学びも実現する
マイナープログラムにより、
新たな時代に必要な健康と福祉のプロを養成します。

メジャー・マイナー制3つのステップ

学問領域横断型の
マイナーⅡを新設します。

現代社会では多様な価値観を尊重し、すべての人々の健康的な生活を実現することが求められています。マイナーⅡプログラムで健康と福祉の関連領域を広く学び、真のプロフェッショナルを目指します。

メジャー・マイナーの組み合わせでなれる職業

メジャー「健康科学」×マイナー「高齢者支援」

職業

高齢者の健康増進、介護予防に貢献する運動指導員/
高齢者スポーツ指導員/障がい者スポーツ指導員

資格

健康運動実践指導者/
初級障がい者スポーツ指導員
(障がい者に対しスポーツ指導をする、
中級・上級スポーツ講師資格取得に必要な資格)

メジャー「健康科学」×マイナー「スポーツと福祉」

職業

高齢者の健康増進、介護予防に貢献する運動指導員/
障がい者へのスポーツ活動支援/公務員(障害者スポーツ支援・普及)

資格

健康運動実践指導者/
初級障がい者スポーツ指導員
(障がい者に対しスポーツ指導をする、中級・上級スポーツ講師資格取得に必要な資格)

メジャー「スポーツ科学」×マイナー「健康科学」

職業

保健体育科教員/スポーツトレーナー/スポーツコーチ/
スポーツビジネス産業/トップアスリート

資格

中学校・高等学校教諭1種免許状(保健体育)/JPSU認定スポーツトレーナー/公認スポーツ指導者(共通科目I+II 免除適応コース)/健康運動実践指導者

メジャー「スポーツ科学」×マイナー「健康支援の心理」

職業

運動・スポーツを通じて心身の健康を支援する実践者/
生徒の心に寄り添える保健体育教師

資格

中学校・高等学校教諭1種免許状(保健体育)/
健康運動実践指導者/所定の心理学関連科目の修得により、
認定心理士・健康心理士も取得可能

メジャー「社会福祉学」×マイナー「ソーシャルワーク」

職業

社会福祉施設・機関のソーシャルワーカー/
公務員(福祉職)

資格

社会福祉士国家試験受験資格/
社会福祉主事(任用資格)/
児童指導員(任用資格)

メジャー「社会福祉学」×マイナー「スポーツと福祉」

職業

デイサービス等での介護予防のための運動指導員/レクリエーションワーカー/スポーツジムでの指導者/スポーツリハビリトレーナー/スポーツプロモーター/レクリエーションインストラクター

資格

初級障がい者スポーツ指導員
(障がい者に対しスポーツ指導をする、中級・上級スポーツ講師資格取得に必要な資格)

メジャー「精神保健福祉学」×マイナー「ソーシャルワーク」

職業

精神科医療機関などメンタルヘルス分野のソーシャルワーカー/
福祉施設の相談員/公務員(社会福祉職)

資格

精神保健福祉士/社会福祉士(いずれも国家試験受験資格)/
児童福祉司(任用資格)

メジャー「精神保健福祉学」×マイナー「実践心理学」

職業

心理的支援もできる福祉施設職員・公務員(社会福祉職)

資格

社会福祉主事/児童指導員(いずれも任用資格)

メジャー「実践心理学」×マイナー「健康支援の心理」

職業

心理学を活用して、あらゆる人々の心身の健康保持・増進を支援
保健医療・福祉・教育・司法・産業・労慟領域の心理カウンセラー

資格

健康心理士/公認心理師(学士課程カリキュラム修了)

メジャー「実践心理学」×マイナー「子ども支援」

職業

子どもと家庭への心理支援
児童相談所/児童福祉施設等職員

資格

児童心理司/社会福祉主事/児童指導員(いずれも任用資格)

メジャー「保育学」×マイナー「子ども支援」

職業

保育所・幼稚園・認定こども園・児童養護施設・
母子生活支援施設・児童館(児童センター)の職員

資格

保育士/幼稚園教諭1種免許状

メジャー「保育学」×マイナー「健康支援の心理」

職業

保育所・幼稚園・認定こども園・児童養護施設等の職員の他、
発達支援施設・療育センター・放課後等デイケアの職員

資格

保育士/幼稚園教諭1種免許状/所定の心理学関連科目の
修得により、認定心理士・健康心理士も取得可能

学びをかけ合わせ、自分らしい
未来をつくりだしていく

4年間の学び

健康と福祉の基礎からメジャー・マイナープログラムによる
専門性や広い視野を修得。
さらに知識と経験を融合させ、
専門職や実践家としてのスキルを身につけます。

close

3領域で取得できる資格一覧

取得できる資格・教員免許状

メジャー・マイナープログラムと資格取得の例

  • ※1、2、3は、メジャー・マイナー+実習・演習科目 
  • ※4は、メジャー+資格取得に必要な科目+実習科目
  • ※5は、メジャー・マイナー+資格取得に必要な科目+実習科目 
  • ※6は、メジャーにかかわらず付加価値的な資格取得を目指すことが可能
  • ※ 1、2、3は、メジャー・マイナー+実習・演習科目 ※ 4は、メジャー+資格取得に必要な科目+実習科目
  • ※ 5は、メジャー・マイナー+資格取得に必要な科目+実習科目 ※ 6は、メジャーにかかわらず付加価値的な資格取得を目指すことが可能

◎卒業時に受験資格取得可能(社会福祉士と精神保健福祉士のダブル取得は修得科目・成績により可能となります)。
☆大学における指定科目履修後、所定の大学院進学または所定の機関における実務経験により受験資格取得可能。 ★大学における指定科目の履修により認定試験の受験資格取得可能。
●卒業時に取得または卒業後に申請して取得できる資格。 ◆指定施設で1年以上相談援助業務に従事するか、社会福祉士または精神保健福祉士の資格取得で満たすことが出来る資格。
◇卒業後、指定施設で1年以上相談援助業務に従事することで満たすことができる資格。 ▲他資格との組み合わせによっては、4年間で卒業できない可能性がございます。
*教職課程の履修登録者のみ。資格取得には教員免許状の取得が条件となります。 ** 実践心理学専攻のみ。

  • 任用資格は、所定の要件を満たし、該当する職種に就いて初めて効力を発揮します。
  • 複数の資格取得を希望する場合は、資格の組み合わせによって困難なこともあり留意が必要です。

メッセージ

健康福祉学群の在学生、
卒業生からメッセージをいただきました。
先輩たちの体験談をチェックしよう!

在学生メッセージ

卒業生メッセージ

close

健康科学専攻

健康科学専修には、スポーツを今までやっていた人が多いため、協調性があり元気で明るい人がたくさんいます。現在は、健康運動実践指導者の資格を取るために必要な授業を中心に学んでいます。実技試験や筆記試験に向けて、仲間同士で支え合って全員で合格できるよう頑張りたいです。

橋本 優花

旧 健康科学専修 4年 神奈川県 横浜隼人高等学校出身

スポーツ科学専攻

身体のことやスポーツを続けていく上で必要なことを多く知りたいと思い、健康科学専修を選びました。現在は、栄養やコンディショニングについて学んでいます。専攻演習で外部講師の方の講義を聞いて、たくさんの知識を身につけられるところも、この専修の魅力のひとつだと思います。

山本 雅樹

旧 健康科学専修 4年 新潟県 中越高等学校出身

社会福祉学専攻

社会福祉士の資格取得のために、現場での実習と座学を通して日々学んでいます。また、大学院へ進学するために、研究テーマを巡ってさまざまな施設と現場で調査方法と専門知識を修得に励んでいます。将来は中国で福祉サービスを幅広く展開し、地域格差のない未来を作りたいと思います。

陸 唯逸

旧 社会福祉専修 4年 上海商貿旅行学校(中国上海)出身

精神保健福祉学専攻

受験時に公認心理師か精神保健福祉士か選択しなければならない大学が多いなか、2年次までどちらも目指せる精神保健福祉専修を選びました。経験豊富な先生が多く、授業外でも質問ができ、関連図書も充実しているので、学びを深める場として、とても最適で魅力的な大学だと思います。

森垣 杏美佳

旧 精神保健福祉専修 4年 東京都 駒場学園高等学校出身

実践心理学専攻

公認心理師のカリキュラムに対応し、1年次から計画的に学べる体制が整っているところに魅力を感じ、精神保健福祉専修を選びました。所属する人たちが同じ目標を持っているからこそ、共感し合えることが多くあり、互いに支え合いながら切磋琢磨できるため、この専修で本当に良かったです。

笠原 純之介

旧 精神保健福祉専修 4年
神奈川県 クラーク記念国際高等学校厚木キャンパス出身

保育学専攻

子どもが好きだった私は、学生一人ひとりにアドバイザー(専任教員)がつき、アメリカ幼児教育研修(留学)がある桜美林大学に魅力を感じ、入学しました。子どもの視点で考える楽しい授業も多く、先生方がとても親身になってサポートしてくれるので、この専修で良かったと思います。

亀谷 はなか

旧 保育専修 4年 東京都立小山台高等学校出身

茅野市役所
保健福祉サービスセンター
西部地域福祉推進係

現在は介護・障がい福祉・健康・子育てなどの相談支援やサービスを行っています。在学中は自由選択で他の学群の授業も学ぶことができ、とても勉強になりました。また、駅伝チームのマネージャーとして一人ひとりの選手のことをみんなで考え合った経験なども、今の仕事に活かされています。

北澤 佳奈

旧 健康科学専修 2018年3月卒業

埼玉西武ライオンズ
プロ野球選手

高校時代はあまり出場機会を得られませんでしたが、桜美林大学で多くの試合に出て自信をつけることができました。栄養学などを学んだことで、自分の身体について真剣に考えるきっかけにもなりました。僕はスポーツでしたが、幅広く学んで好きなことを見つけられる環境だと思います。

山野辺 翔

旧 健康科学専修 2017年3月卒業

横浜市浦舟ホーム

私は横浜市にある特別養護老人ホームで介護の仕事をしています。在学中は、興味を持ったことは質問し、先生にじっくりと教えていただきました。実習支援センターの先生には、授業の取り方や漠然とした将来の不安まで聞いていただくなど、先生との距離が近いところが魅力の大学です。

太田 純平

旧 社会福祉専修 2012年3月卒業

社会福祉法人SKYかわさき
地域活動支援センター
きたのば

精神障がいのある方たちの自己実現の場となるよう、手芸を通じた作業提供や生活場面の相談に携わっています。精神保健福祉専修は少人数でみんなが仲良く、先生方には実習や就活などでも親身に対応いただきました。現在でも大学の授業に、利用者の方と体験談などを伝えに足を運ばせていただいております。

鹿野 絵莉子

旧 精神保健福祉専修 2014年3月卒業

東京都公立学校スクール
カウンセラー、
聖蹟桜ヶ丘メンタルクリニック

平日は学校のスクールカウンセラーとして、週末はクリニックの臨床心理士として勤務しています。在学中は心理と精神保健福祉の学びから、個人と環境といった視点が培われました。その人の気持ちを整理した方がいいか、環境を調整した方がいいかなど、現在の仕事でも活かされています。

蜂屋 竜馬

旧 健康心理学科 精神保健福祉コース 2010年3月卒業

医療法人社団康心会
汐見台病院
看護部病棟保育士

小児病棟に入院している子どもの保育を行っています。一人ひとりの病状で関わり方が異なる病院で、保育を実践できているのは、学生時代に多様な保育を深く学べたことや、保育だけでなく医学一般や生理学、心理学など病棟保育士を意識した授業を学べる環境にあったからこそだと思います。

加藤 知世乃

旧 保育専修 2017年3月卒業

就職実績

健康福祉学群は、毎年高い就職率を誇っています。
専門分野を活かして、医療福祉、教育関連への就職が
多いのはもちろんですが、卒業生は一般企業でも、サービス、
流通など幅広い分野で活躍しています。

2020年度 健康福祉学群の就職率 97.8%

参考:2019年度就職率 98.9% 2018年度就職率 97.7%
※就職率とは、就職希望者に占める就職者の割合

ディスカバ!

学群の学びを体験する探究プログラムに参加しよう!
2022年も健康福祉学群の教員が
探究プログラムを提供予定しています!

3月開催プログラム

3月開催プログラム

こどもの居場所の世界〈探究編〉

[こどもの居場所を地図にしよう!]

あなたの町には、どんな「子どもの居場所」がありますか?その現状と未来図について考える、保育・教育のプログラムです。

  • 開催日 2022年3月31日(木)
  • 開催場所 オンライン(ZOOM)
  • 募集人数 先着40名

詳しくはこちら

3月開催プログラム

3月開催プログラム

スポーツ×震災復興の世界

[プロバスケチームと学ぶ地域活性化]

東日本大震災を契機に発足したプロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」。スポーツを通して地域にどのような貢献をしているのでしょうか?

  • 開催日 2022年3月29日(火)
  • 開催場所 オンライン(ZOOM)
  • 募集人数 先着40名

詳しくはこちら

探究プログラム一覧

資料請求、イベントの申込み、
出願は受験生サイトのMY PAGE+から!

MY PAGE