健康福祉学群 保育専修

子どもと保護者をサポートする質の高い保育者を育成

学習のポイント

  1. 保育理論の学びを深めながら保育所・施設・幼稚園での実習で実践力を高める
  2. 所定の単位を修得することで保育士国家資格を取得できる
  3. 教職課程の所定の単位を修得することで幼稚園教諭1種免許状を取得できる

現代社会では女性の社会進出、親子関係の変化、外国籍の子どもの増加など、子どもを取り巻く環境が大きく変化しています。子どもにかかわる社会問題もこうした変化と無関係とはいえません。
保育専修では、短期間に知識や技能を習得するのではなく、4年間かけてじっくりと、保育に関する確かな基礎技能と幅広い専門性を身につけます。社会福祉・精神保健福祉・健康科学などの隣接領域を幅広く学び、心身両面から、子ども、そして保護者をサポートできる質の高い保育者を育成します。
子どもの置かれている状況を深く理解するために、コミュニケーション能力を高めると共に、保育所・施設・幼稚園での実習体験を通して、保育者に必要な基礎的技能を習得します。

科目紹介

子ども家庭福祉

今日の子どもと子育て環境は、多様な問題・課題を抱えています。子どもの健やかな成長・発達と自立に向けた育みを担う保育士として、必要な子ども家庭福祉施策と支援・援助の方法を学びます。

保育の英語Ⅰ・Ⅱ

保育者と外国人の子ども、保育者と外国人の保護者との間の意思疎通の手段としての英語に着目し、保育の生活場面を題材にした英語によるコミュニケーション能力の育成を目指す授業です。

保育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/教育実習Ⅰ・Ⅱ

保育所、福祉施設、幼稚園で計5回、実習を行います。丁寧な事前事後指導により、困難を乗り越え、現場の実際的知識だけでなく、社会人として必要な教養も身につけることができます。

主な科目

保育学/教育原理(保育)/教職入門(保育)/発達心理学/子ども家庭福祉/社会的養護/保育表現技術(音楽・造形・体育)/保育の英語/児童文化/遊びと生活/子どものからだと健康/音楽実技/保育実習(保育所・施設)/教育実習 など

キャリアサポートプログラム

キャリア開発シンポジウム/実習報告会

保育専修では、大学で得た専門性を確実に社会で生かせるよう、実習から就職までを丁寧につなげるプログラムを用意しています。例えば『実習報告会』では、実習後、各自が同級生や後輩の前で体験発表を行なうことにより、言語化する力、第三者に客観的に伝える力、考察する力、他者の多様な事例や考えを理解し、視野を広げる力を養うことができます。また『キャリア開発シンポジウム』では、保育所、幼稚園、児童養護施設など、現場で実際に活躍しているOB・OGから、仕事におけるやりがい、大変さ、工夫を直に聞くことにより、仕事をより身近なものとしてイメージし、就活に挑む力を身につけることができます。

進路

多くの卒業生が保育の現場で活躍


相模原市役所(保育士)/世田谷区役所(保育士)/品川区役所(保育 士)/町田市役所(保育士、児童厚生員)/社会福祉法人さがみ愛育 会 渕野辺保育園/社会福祉法人東香会 しぜんの国保育園/社会福 祉法人はとの会 鳩の森愛の詩あすなろ保育園/社会福祉法人春献 美会 はるひ野保育園/社会福祉法人たけのうち福祉会 たけのうち 保育園/学校法人桜美林学園 桜美林幼稚園/学校法人正和学園 幼 保連携型認定こども園町田自然幼稚園/学校法人古木学園 相模林 間幼稚園/学校法人柳川学園 潮田幼稚園/学校法人柿の実学園 柿 の実幼稚園/学校法人西鎌倉学園 西鎌倉幼稚園/府中文化幼稚園 /学校法人あゆみ学園 あゆみ幼稚園/学校法人八王子中村学園 な かの幼稚園/しのはら幼稚園/聖トマ学園 ばらの花幼稚園/社会 福祉法人愛恵会乳児院/児童養護施設 白十字林間学校/東京女子 医科大学(保育士)/株式会社ボーネルンド(ボーネルンドグループ) /株式会社赤ちゃん本舗/株式会社スタジオアリス/株式会社京急 ステーションサービス/東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

取得できる免許・資格

取得できる資格・教員免許状
保育専修
保育士(国家資格)
幼稚園教諭一種免許状
博物館学芸員(国家資格)
健康運動実践指導者(公益財団法人健康・体力づくり事業団認定)
初級障がい者スポーツ指導員(公益財団法人日本障がい者スポーツ協会)
公益財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者(スポーツリーダー)
社会福祉主事任用資格
児童指導員任用資格

◎:卒業時に受験資格が取得できるもの
●:卒業時に取得または卒業後に申請して取得できる資格
*:教職課程の履修登録者のみ。資格取得には教員免許状の取得が条件となります。

施設紹介

ピアノ練習室

サレンバーガー館2階にある五つのピアノ練習室は、授業(個人レッスン)だけでなく、個人練習用として日常的に保育専修の学生に開放されています。防音の個室となっているため、保育者として必要な「弾き歌い」の練習も気兼ねなく集中して行うことができます。
ピアノ練習室の隣には、10台の電子ピアノを備えている教室もあり、ここも個人練習用に開放されています。学生たちは実習や就職に向けて熱心に練習を続けています。

小児栄養室

理化学館の2階にある小児栄養室では、保育士資格科目である「子どもの食と栄養」の授業が行われます。母乳保育、調乳実習、各期の離乳食について学び、子どもの乳児期・幼児期の望ましい食事を実際に調理します。
またこの小児栄養室は、外国人留学生が日本食づくりに挑戦したり、不登校の子どもと支援学生が一緒に料理したりするなど、さまざまな交流の場としても使われています。

関連コンテンツ

ページの先頭へ