航空・マネジメント学群COLLEGE OF AVIATION MANAGEMENT

この学群がめざすこと

航空業界の需要に応えるため、航空・マネジメント学群では「航空管制」、航空機や部品の品質・技術管理を行う「整備管理」、民営化する各地の空港の運営・経営に携わる「空港マネジメント」、「パイロット」という4つの「学び」を柱に、「航空のスペシャリスト」を育成します。関連法令や物理学、数学、工学など航空に特化した「学び」を展開しつつ、海外訓練や海外研修をカリキュラムに組み込み、高度な専門性と卓越した英語力を修得します。

学びの環境

キャンパス内には、専門性を身につけるためにDA-42、B-737-800のFTD(飛行訓練装置)、A320APT(パネルトレーナー)を完備。操縦の訓練や整備管理業務・航空管制の授業の一環としてさまざまなシチュエーションの対応法を学ぶことができます。また、航空機の構造や仕組みを学ぶためにも使用します。

もっと知る

ページの先頭へ