取り組み

国連アカデミック・インパクト

国連アカデミック・インパクトとは、2009年より本格化した国連と高等教育機関を結びつけるグローバルな取り組みで、すべての教育機関、研究機関を対象に展開されています。

国連は「人権、識字能力、持続可能性、紛争解決」の分野における普遍的な10原則を定め、すべての参加大学は、毎年少なくとも1つの原則を積極的にサポートする活動が求められます。この中で、桜美林大学は「原則1:国連憲章の原則を推進し、実現する」をリードする拠点大学に選ばれ、今後、真のグローバル・イニシアティブズの実現に向けて行動することが期待されています。

10原則

国連アカデミック・インパクトは、以下の10原則を支持し促進させるというコミットメントによって成り立っています。

国連アカデミック・インパクトに関する詳しい情報は、ポータルサイトをご覧ください。

ページの先頭へ