• HOME
  • リベラルアーツ学群

リベラルアーツ学群

リベラルアーツ学群には 4000人の個性がある 4000人を超える学生たちが在籍。つまり、4000通りの学びや経験がここにありこれらの学生と交流することで新たな価値観に出会うことができます。リベラルアーツ学群には 4000人の個性がある 4000人を超える学生たちが在籍。つまり、4000通りの学びや経験がここにありこれらの学生と交流することで新たな価値観に出会うことができます。

リベラルアーツ学群には 7分野33の専攻プログラムがある 「知の横断」が自由にできるように、人文学、社会科学、自然科学を幅広く捉える7つの分野と、33の専攻プログラムを設置、多様な学問に触れ、複眼的思考と豊富な知識を身につけます。リベラルアーツ学群には 7分野33の専攻プログラムがある 「知の横断」が自由にできるように、人文学、社会科学、自然科学を幅広く捉える7つの分野と、33の専攻プログラムを設置、多様な学問に触れ、複眼的思考と豊富な知識を身につけます。

リベラルアーツ学群には 100人を超す教員がいる バラエティに富んだ100人を超える教員たちと接することで、幅広い学問に触れ、自分の興味に合わせて専門的に学ぶことができます。リベラルアーツ学群には 100人を超す教員がいる バラエティに富んだ100人を超える教員たちと接することで、幅広い学問に触れ、自分の興味に合わせて専門的に学ぶことができます。

この学群が目指すこと

多様化、複雑化する現代社会では、「一つの知」を学ぶだけでは、解決できない問題が多く存在します。こういった問題に対処するため、リベラルアーツ学群では、人文科学、社会科学、自然科学を横断する「知」を学び、多角的な視野と柔軟な思考力を養います。

リベラルアーツとは

学問基礎

自分探しをしながら、
自分の未来も組み立てる!

入学後に「何を学びたいか」「何を学ぶべきか」を考え、自分の専門性を模索できるのもリベラルアーツ学群の特色。自分探しのきっかけが豊富であるうえ、時間をかけながら「自立した学習者」へと成長することができます。

学問基礎
人間理解
社会理解
自然理解
実践科目群

「何をなぜ学ぶのか」を知る
学問基礎
学問の種類やアプローチの仕方を理解する、
学びの入口とも言える科目群。
今まで気づかなかった新しい興味に出合えます。

学びのポイント

多様化、複雑化する現代社会では、「ひとつの知」を学ぶだけは解決できない問題も存在します。こういった問題に対処するため、人⽂科学、社会科学、⾃然科学を横断する「知」を学び、多角的な視野と柔軟な思考⼒を養います。

複数の専門性を身につける、だからこそ広がる可能性があります。

自由に自身の履修を組み⽴て、2年次秋学期に専攻を選びます。

学んだ⼒を世界で活かすために。国際的人材としての⼒を高めます。

専攻プログラム

「メジャー・マイナー制度」を利用し、2つの専門性を獲得できる。それがこの学群の最大の特色といえるでしょう。一般的な学部・学科で身につく専門性はひとつ。「33の学科があって、4年間で2つの学科を卒業できる大学」ととらえることもできます。

人文科学

  • 1キリスト教学
  • 2宗教学
  • 3哲学
  • 4倫理学
  • 5文化人類学
  • 6歴史学

地域研究

  • 7アメリカ地域研究
  • 8アジア地域研究
  • 9日本地域研究

社会科学

  • 10国際関係
  • 11国際協力
  • 12社会学
  • 13国際経済
  • 14ビジネスエコノミクス
  • 15公共政策
  • 16メディア(ジャーナリズム)
  • 17博物館学

心理・教育

  • 18心理学
  • 19教育学(教職教育)

数学・理科

  • 20数学
  • 21物理学
  • 22化学
  • 23生物学
  • 24地球科学

情報・環境

  • 25情報科学
  • 26環境学

言語・文学

  • 27英語学・英文学
  • 28中国言語文化
  • 29日本語日本文学
  • 30日本語教育
  • 31言語学
  • 32コミュニケーション学
  • 33現代・世界文学

専攻プログラムについて詳しく見る

ページの先頭へ