学生寮のご紹介

桜美林大学では、学生の皆さんの生活面での支援として、初めての一人暮らしを、安心して生活できるように学生寮を用意しています。

桜寮

桜寮の老朽化にともなう改修工事に関するお知らせ(重要)

標記の通り、2019年4月より桜寮の改修工事を行うため、2019年度4月以降の入寮生の募集を見合わせることとなりました。本学への進学を検討される中で、桜寮への入寮を併せてお考えいただいておりました受験生・保護者のみなさまには大変申し訳ありませんが、ご理解のほど、お願い申し上げます。なお、現在、大学周辺の民間学生寮を紹介できるように準備を進めております。情報がまとまり次第、受験生サイト等にてご案内させていただきます。

2018年7月18日 桜美林大学 入学部・学務部

国際寮

留学生の受け入れを行うとともに日本人学生も入居し、生活の場でも国際交流ができる寮です。人種や立場の異なる多種多様の学生と切磋琢磨し、寝食を共にすることによって、本学の教育目的である国際的人物の育成を行うことを主眼に置いています。

各個室にトイレやシャワールーム、キッチンスペースが用意されているのはもちろん、留学生が安心して居住できるように、冷蔵庫や電子レンジなどの家電もあらかじめ設置されています。

また、館内にはコインランドリーやラウンジがあるほか、敷地内の緑化や多目的トイレの設置など、環境やバリアフリーにも配慮しています。

プラネット淵野辺キャンパス(PFC)、JR 横浜線淵野辺駅、町田キャンパスへのスクールバス乗り場まで徒歩4分で、勉学に励みやすい立地条件を備えています。

お問い合わせ
042-750-5564
収容定員
245人(ワンルーム)
居室
17.63㎡
食事

費用
(春学期 4~7月)220,000円
(秋学期 9~1月)275,000円

・入寮時に退去時清掃費2万円と管理費5千円、デポジット費5万5千円を納入。
・光熱水費は月額1万円を上限として寮費に含む。 (超過分は入寮者負担とする場合がある)
アクセス
プラネット淵野辺キャンパス:徒歩4分
町田キャンパス:12分(徒歩+スクールバス)
ホームページ

第二国際寮

第二国際寮は2013年9月に開寮した寮で、JR横浜線淵野辺駅南口から徒歩3分の立地にあります。また大学キャンパスへは、淵野辺駅に隣接するスクールバス乗り場より8分というアクセスの良い環境にあります。

この寮には、世界各国からの外国人留学生と日本人が集い、寮生自身が主体的に寮運営を行っています。寮生同士が活発に交流するためのプログラムも数多く企画されており、アットホームな寮生活を送ることができます。

お問い合わせ
042-730-5015
収容定員
84人(ワンルーム)
居室
22.8㎡(ベランダ3.2㎡含む)
食事
なし
費用
春学期(4月~7月):220,000円
秋学期(9月~1月):275,000円
光熱水費は月額1万円を上限として含む。
アクセス
プラネット淵野辺キャンパス:徒歩4分
町田キャンパス:約12分(徒歩+スクールバス)
ホームページ

啐啄寮

啐啄寮(そったくりょう)は、特別強化クラブに所属する男子学生※1が、同じ目的の仲間との共同生活を通して、助け合い、切磋琢磨する寮生活の場です。  ユニットバス付のワンルームタイプで、エアコン、ベッド、タンス、冷蔵 庫などが備え付けてあります。共用施設として、食堂、洗濯機・乾燥機室、 集会室、ラウンジがあります。  また、プラネット淵野辺キャンパス(PFC)へ徒歩15分、町田キャンパ スへ徒歩10分と両キャンパスへのアクセスに優れた立地です。

 ※1:アメリカンフットボール部、弓道部、バレーボール部、野球部、陸上競技部

収容定員  60人(ワンルーム)
居室 23m²
食事 2食付(朝・夕、含土日)
費用 年額840,000円
光熱水費・食費・インターネット使用料含む
アクセス プラネット淵野辺キャンパス(PFC):徒歩15分
町田キャンパ ス:徒歩10分

関連コンテンツ

ページの先頭へ