精神保健福祉専修 実践心理コース よくある質問

Q実践心理コースではどんなことが学べるのですか?
A心理学にはさまざまな領域がありますが、このコースでは特に対人支援につながる実践的な心理学が学べます。理論の学習はもちろん、実験やロールプレイなどいろいろな方法を用いてスキルを獲得できるように工夫されています。学習が進むと演習や実習の授業も加わり、体系的に学ぶことができます。それに加えて健康福祉学群では、福祉、心と身体の健康、スポーツ、保育など色々な分野も学べることから、心理学をさらに幅広く活かせるようになります。また、国家資格になった公認心理師のためのカリキュラムが準備されており、心理職の国家資格取得をめざすことも可能です。
Q公認心理師とはどんな資格ですか?
A公認心理師は、保健医療、福祉、教育、司法、産業の分野で、心理学に関する専門的知識・技術をもって次のようなことが行える者で、国が定めた心理職の新たな国家資格です。

1) 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。
2) 心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導、その他の援助を行うこと。
3) 心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
4) 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。
Qリベラルアーツ学群の心理コースとの違いは何ですか?
Aリベラルアーツ学群では、幅広い教養を学ぶ中でスタンダードな心理学関連科目を中心に学ぶのに対して、実践心理コースでは人をサポートすることに関連した実践的な心理学を中心に学びます。どちらで学んでも公認心理師取得をめざすことができます。
Qそのほかにどんな資格が取れますか?
A公認心理師以外に認定心理士、健康心理士などの資格も取得可能です。ただし、資格取得にはそれぞれ履修しなくてはいけない科目が指定されていますので、しっかりと履修計画を立てる必要があります。
Q卒業後の進路はどうなりますか?
A公認心理師を目指す人は、大学院に進むか、一定の施設で働いて受験資格を得ることになります。公認心理師の資格を得ると、ほかの専門職の人たちとチームになって、医療機関のカウンセラー、スクールカウンセラー、福祉や産業領域の心理職など様々な現場で働くことができます。公認心理師の資格を取得しなくても、心理学を学んで人のこころのしくみが理解できると、どんな領域でも役立てることができます。具体的には、一般企業や福祉、公務員など、幅広い業界で心理学の知識とスキルを活かせます。

ページの先頭へ