リベラルアーツ学群 カリキュラム

カリキュラム

リベラルアーツ学群の4年間

基礎教育科⽬

1〜2年次にかけて履修する科⽬です。⼤学で学んでいくために必要となる基礎的なスキルを習得するとともに、リベラルアーツ学群で専⾨的な学びに取り組むための知識の⼟台を固めます。また学びに向き合う積極的姿勢や幅広い視野も⾝につけます。

コア科⽬

桜美林⼤学の教育の基礎となる「キリスト教⼊⾨」、⽇本語・英語によるコミュニケーション能⼒の習得、基礎的な情報スキルを⾝につける「コンピュータリテラシー」で構成されています。学⽣として学ぶ⼒とともに、社会⼈基礎⼒の源にもなります。

外国語科⽬

⽇本語を⺟語としない学⽣向けの「⽇本語」を含め、計18⾔語を学ぶことができます。1⾔語だけでなく、2⾔語をあわせて学ぶことも可能。実践的なコミュニケーション能⼒の習得を重視して、⽂化や慣習についての理解も深めていきます。

学問基礎

⼤学で何を学ぶのかを決める前に、「どんな学問があって、何のために何を学ぶのか」を学ぶのが「学問基礎」です。「学問基礎」は「⼈間理解」「社会理解」「⾃然理解」の3ジャンル。約90の科⽬を設置するほか、市⺠活動などを実体験する「地域社会参加」、海外でボランティア活動に参加する「国際理解教育」などの実践科⽬群も配置しています。また、桜美林⼤学の名称の由来ともなった教育家・ジャン=フレデリック・オベリンの教育思想を学ぶ科⽬もあり、桜美林⼤学やリベラルアーツ学群の魅⼒を集めた科⽬群が「学問基礎」といえるでしょう。

関連コンテンツ

ページの先頭へ