教育制度

桜美林の教育体制について

桜美林⼤学では創⽴以来、語学と国際教育を中⼼にした教育研究活動に⼒を⼊れています。
その⽬標は、学⽣⼀⼈ひとりが⺟語以外の⾔語を⾼いレベルで修得し、それぞれの興味や関⼼に基づいた専⾨的な学びの体系を保証すること、そして、グローバル化する国際社会の中で⽣きがいを感じながら活躍できる資質を育むことです。
この⽬標を実現するために学群制による教育体制を整備しています。

また、基盤教育では基礎⼒と学び⽅を⾝につける基礎教育プログラムをすべての⼊学者に対して⾏います。その後、学⽣は各学群の持つ専⾨科⽬の中から興味や関⼼のある科⽬を選択して⾃分の学びの形を作り上げていきます。

専攻としての必修科⽬はありますが、⾃分で考え、教職員に相談しながら⾃分の学びを組み⽴てるのが本学の教育の基本姿勢です。
さらに、教室内における講義やディスカッション、⼤学内での学習活動だけで学びは完結しません。
学びに深みを加えるには、キャンバスから外に出てさまざまなフィールドで経験や体験を積むことが重要です。そのために、半年間または1年間の⻑期留学、2週間から1ヵ⽉間の海外研修、学群独⾃の留学などのプログラムを充実させています。
さまざまな分野のフィールドワークなどを準備し、学⽣が在籍中に、⼀度はいずれかのプログラムに参加するよう奨励し、学群によっては海外留学をカリキュラムに組み⼊れています。

関連コンテンツ

ページの先頭へ