GPA制度

「学び」を⼤切にするGPA制度


成績評価⽅式「GPA」(Grade Point Average)を導⼊しています。成績を数値化し、学習成果を客観的に把握するGPA。修得単位数という「量」だけではなく、学習の「質」を重視すること。卒業要件に最低GPAを設け、所定の単位数を修得しても卒業を認めないとするなど、「学び」を⼤切にする桜美林⼤学の姿勢を⽰すものでもあります。アドバイザーは、このGPAを利⽤して学⽣の履修指導を⾏っており、海外の⼤学・⼤学院に留学する際の学習指標としても採⽤しています。また、卒業までの通算GPAが3.5以上の学⽣は成績優秀者として表彰されます。

算出⽅法

成績は「A〜D、F」の5段階評価で、「F」は不合格。「A」から順に、4.0、3.0、2.0、1.0のグレードポイントが付与されます。修得した授業科⽬の単位数に、成績に応じたグレードポイントを乗じ、その合計を履修登録単位数の合計で除して算出したものがGPAとなります。

関連コンテンツ

ページの先頭へ