ビジュアル・アーツ専修

ビジュアル・アーツ専修

美術、工芸、テキスタイル、デザイン、映像メディアなど、1年次にさまざまなビジュアル・アーツに関連する分野の学びを体験します。 その上で自分の進むべき方向を選択し、単に作品の制作で終わるのでなく、その先のアートマネジメントの方法論まで身につけながら、従来の美術領域の枠を越え、手づくりの造形からメディアアート、さらには情報テクノロジーのスキルまでを複合的に学べる教育を展開。 学生一人ひとりの個性と可能性を引き出し、プロの表現者への道を開くことをめざしています。

学びの特色

初心者でも表現の基礎から学べ、「自分でつくる」経験値を積み上げて実践的なチカラを育む学修環境。

さまざまな表現分野を体験した上で、自分の進みたい専門分野を選べる自由度の高いカリキュラムを展開。

自分の表現したいことを、しっかりカタチにする表現力を身につけた時代をつくるクリエイターを育成。

専修の魅力

自分の興味のある分野を自由に組み合わせて学べるカリキュラムで、さまざまな分野の創作活動が体験できます。その上で、将来の目標と個性を見極め、選んだ専門分野に必要な表現力とコミュニケーション能力を徹底的に磨きます。1年次に、全員があらゆる表現に必要な基礎表現科目をきっちり身につけ、2年次からは少人数制の環境のもと、絵画・彫塑・テキスタイル・陶芸・グラフィックデザイン・アニメ・メディアアート・写真・映像・映画などの「作品づくり」を積み重ねて、クリエイターに必要な能力を養います。

大切なのは「プロデュース」する視点

本専修では、作品を「つくる」だけではなく、学内外の展示などで「見せる」ことも重視しています。創作物は鑑賞されることで、はじめてアートとして成立します。何処で、誰に、どのように見せるのか、自分の作品をプロデュースする発想が必要です。単なる発表会に満足するのではなく、より良い展示の仕方まで考えて作品づくりに取り組むことで、創作の先にある「表現を届ける」方法を学びます。

アート・デザインを学ぶ

ファインアートからデザインまで、幅広い創造を学べます。1年次に色彩構成やデジタル編集、素描などの基礎を徹底的に学び、表現のベースとなる力を養いながら、分野の枠を越えたさまざまな表現活動を体験した上で、2年次からは絵画や彫塑、テキスタイル、建築、グラフィックデザイン、写真などの中から興味のある分野を自由に組み合わせ、専門性を深めます。作品の制作や発表など、体験的な学びの機会も豊富にあります。

魅せる表現を究めるファインアートとデザイン

芸術的価値をひたすら追求するのが『ファインアート』。商業美術や応用美術、工芸とは違い、表現としてのクオリティのみが問われるため、西洋画や彫刻に加え、日本画や染織、陶芸といった日本が世界に誇るアートを学ぶ科目も豊富に配置して、表現者に欠かせない大切な基本を学びます。もう一方の『デザイン』は、設計のこと。グラフィックデザインやプロダクトデザイン、工業デザインなど、芸術や美術的な意味も含みつつも、日用品から都市まで創造する、広大なデザインの世界を学びます。どちらも、自分の個性や感性を活かして「魅せる表現」を創り出すことが求められるクリエイティブな表現分野です。

※ 授業風景などの写真は2016年度のもので、2018年度カリキュラムとは異なる場合があります。

映画・映像を学ぶ

映画・映像の歴史や理論などを学びながら、映像制作を通じて企画力や表現力を身につけます。ドキュメンタリー、アニメーション、CM、ドラマなどの課題に取り組みながら、脚本、撮影・照明・録音技術、および映像の編集、音響など、映画・映像制作の全てを学びます。また映画の基本であるフィルムを使った撮影も体験できます。グループによる共同作業もあり、コミュニケーション能力を高め、社会人基礎力の形成にもつながります。

さまざまなメディアに合わせた映像表現を考える

例えば、人が道を歩くシーン。それが実写の映画なのかアニメなのか、その他の映像作品なのかによって、それぞれ描写が異なります。「映像」の世界は広大で、フィクション、ドキュメンタリー、テレビCM、ミュージックビデオ、さらにはスマホなどの携帯デバイスで視聴する映像など多種多様にあり、すべてアプローチが違います。本専修では、映画やドキュメンタリー制作と並行して、アニメや3DCG制作にも力を入れて、多彩なメディア表現に触れて育った世代ならではの感性を活かせるよう、多様な技術を修得できるプログラムを導入。アナログもデジタルも両方使いこなせる新時代の映像作家を育成します。

表現者として生きる先輩たち

世界に通用するクリエイターの育成を目指す「ビジュアル・アーツ専修」の学びを経験した先輩たちの生き方に学ぶ。

DESIGN
萩原 若奈Wakana Hagiwara

造形デザイン専修(現/ビジュアル・アーツ専修) 4年

高校時代は、美術コースを選択。障がい者施設のパンフレットを作成する機会があり、広告の世界に興味を持つ。大学では「はやお☆サークル」の代表を務め、広告やイベント関連の活動を展開中。

東京都立若葉総合高等学校出身

素晴らしいアイデアやデザインが、
社会や時代を動かしている。
自分もこの手で仕掛ける存在になりたい。

アーティスト志向かデザイナー志向かと問われれば、私の場合は後者です。それは、自分のための作品づくりよりも、誰かのためや何か目的を持った制作の方が自分にはしっくりくるから。具体的に言えば、広告やイベントなどを企画・制作すること。そんな想いは授業内にとどまらず、代表を務めさせていただているサークルにおいてもさまざまな制作物やイベントの企画・運営にチャレンジしています。言葉にしてしまうと簡単ですが、実際にはクライアントから依頼を受けるための営業的な活動から、要望をどう仕上げていくかの戦略やアイデアづくり、実現するための人集めなど、さまざまなパワーが求められます。ですが、素晴らしいものができ、お客様やクライアントから大きな反響があったときの達成感はなにものにも代えがたく、それまでの苦労も吹き飛びます。現在、4年生。卒業後の進路を広告業界に絞り、プランナーもしくはデザイナーとしての活躍をめざしています。

ART TEACHER
宮本 愛里Airi Miyamoto

美術教諭

美術科の教師を目指して、桜美林大学に入学。授業で初めて陶芸に触れ、その魅力にひかれる。卒業制作も陶芸作品に挑戦。

造形デザイン専修(現/ビジュアル・アーツ専修) 2013年卒業
神奈川県立海老名高等学校出身

教え子たちに芸術を身近に感じてもらいたい。
そして、鑑賞する楽しさだけでなく、
自分で挑戦してみるおもしろさも伝えたい。

活気にあふれた桜美林大学のキャンパスが懐かしいですね。デザイナーやアーティスト、カメラマンなどそれぞれの目標を持った学生たちが集い、お互い刺激し合いながら毎日を過ごしていました。そんな中で、私の場合は美術科の教師になりたいという夢を抱いて入学。桜美林大学を選んだ理由は、その授業内容。教師になるために多くの美術の技法を学びたかったので、多方面におよんでいる桜美林大学の学びはとても魅力的でした。私は専門をひとつに絞らずに陶芸や日本画、デザインなどさまざまな授業を受講。教師となった今、美術の授業内容を考える上で、そのころの経験が役に立っています。現在、神奈川県内の特別支援学校の教諭として働いています。担当教科は「美術」ですが、生活や「ことばかず」という教科も任されています。まだ初任者なので学ぶことはいっぱい。先輩の先生方をはじめ、にぎやかで楽しい生徒たちから日々多くのことを教わっています。

4年間の学び

  1. 1年次 ビジュアル・アーツの基礎となる技術・知識の修得。
  2. 2年次 実技科目を自由に組み合わせ自分の学びをつくる。
  3. 3年次 オリジナリティと表現技術を追求し、専門性を高める。
  4. 4年次 4年間の学びの集大成となる卒業研究作品の制作、そして社会へ。

講義科目

  • 西洋美術史概論
  • 西洋美術文化史
  • 日本美術史
  • 東洋美術史
  • 西洋建築史
  • 日本建築史
  • 建築文化論
  • 現代美術論
  • ランドスケープ文化論
  • ファッション文化論
  • 工芸概論
  • デザイン論
  • デザイン史
  • 色彩学
  • メディア表現論
  • テキスタイル・マテリアル論
  • 脚本入門
  • 映画演出原論
  • 映画撮影技術論
  • 映画・映像史
  • 映画論
  • 映像論
  • アニメーション論
  • ドキュメンタリー論
  • 映画音響デザイン論
  • 映画理論研究

実技・演習科目

  • ビジュアル・アーツ基礎
  • 造形実技入門
  • 美術演習
  • 色彩構成演習
  • フォトアート演習
  • デザイン演習
  • テキスタイル演習
  • コンピュータ造形
  • 映像社会学演習
  • 映像制作
  • 脚本演習
  • 映画技術実習
  • 映像編集演習
  • 映像音響演習
  • ドキュメンタリー実習

学群共通科目

  • 上演芸術入門
  • 音楽入門
  • ビジュアル・アーツ入門
  • 美学
  • 芸術概論
  • 芸術と人間
  • 芸術と社会
  • 日本文化論
  • 西洋文化論
  • アジア文化論
  • 社会文化・メセナ論
  • 知的財産権通論
  • シアターマネージメント論
  • 音楽マネージメント論
  • アートマネージメント論
  • メディア論
  • 映像ビジネス論
  • 芸術文化研修
  • 芸術文化基礎
  • インターンシップ
  • 専攻演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

進路と資格

表現のプロとして働ける職種や業界、職場がたくさんあり、多くの卒業生がさまざまな場所で活躍しています。

予想される将来の職業

  • 美術教諭
  • 造形作家
  • 工芸家
  • 絵本作家
  • グラフィック・デザイナー
  • 広告デザイナー
  • WEBデザイナー
  • アートディレクタ一
  • SPプランナー
  • イラストレ一タ一
  • アニメ一タ一
  • CGメディア・アーテイスト
  • 企業広報
  • 出版・印刷関連
  • 映画監督
  • TVディレクター
  • 脚本家
  • プロデューサー
  • キャメラマン
  • 照明技術者
  • 映像編集者
  • サウンドデザイナー
  • 録音技術者
  • 映像ジャーナリスト
  • 映像ディレクタ一 など

めざせる資格

  • 中学校教諭1種免許状(美術)
  • 高等学校教諭1種免許状(美術)
  • 学校図書館司書教諭(教員免許状取得が条件)
  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

就職実績(過去3年間より抜粋)

  • 博報堂プロダクツ
  • 東北新社
  • 東映株式会社
  • TYOグループ
  • 三晃印刷株式会社
  • USEN
  • 朝日広告
  • ユナイテッドアローズ
  • JR東日本リテールネット
  • あとらす二十一
  • まんだらけ
  • テイクアンドギヴ・ニーズ
  • ヨドバシカメラ
  • ぴえろ
  • 富士住建
  • 一条工務店
  • 東通企画
  • 住友電気工業 など他多数

地域活動

黒板アート
WINDOW DISPLAY

小田急百貨店町田店開店40周年を記念して、ビジュアル・アーツ専修の学生が黒板アートによるウインドウディスプレイを制作しました。

宇宙フェスタさがみはら2016
桜美林大学 × JAXA

相模原市立博物館にてビジュアル・アーツ専修と音楽専修の学生有志によるアクティブラーニングを実施しました。

基点と起点

相模原市のアート施設である「アートラボはしもと」において、芸術文化学群の3つの専修による作品発表会を毎年行っています。

施設紹介

60台のMacを備えた「CG教室/CG自習室」
アナブースをはじめ本格的な設備を持つ「MA室」
建物丸ごとアートな空間の「アトリエ棟」

担当教員一覧

ページの先頭へ