演劇・ダンス専修

演劇・ダンス専修

文学・舞踊・音楽・美術などさまざまな芸術が織りなす「演劇」。自らの感性と身体を表現手段にして描き出す「ダンス」。 いずれも人間に対する深い洞察や、観る人を魅了する豊かな表現力が求められます。 本専修は、あなたの表現したい想いをカタチにできる確かなチカラと自信を身につける学びを通じて、 これからの舞台芸術の世界をリードできる意欲ある人材を育成します。

学びの特色

演劇・ダンス界の第一線で活躍する講師陣からリアルな生きた授業が受けられる。

プロの演出家・振付家による本格的な舞台公演で、演者もスタッフも共に成長できる。

舞台芸術の歴史から最新動向までを知り、芸術文化を担う高い意識と視野を身につける。

専修の魅力

1年次には、舞台芸術を構成するさまざまな要素を実技や実習、講義を通じて広く学び、自分がやりたいこと、自分に向いているものに新たに出会い直します。2年次からは自分が選んだ方向に沿っての専門性を深めていき、学年が上がるにつれ、表現力、技術力、企画力などに磨きを掛けます。さらに、応用ドラマを活用した「ドラマ教育」も導入、ダンス部門ではクラシックバレエやコンテンポラリーダンスをはじめ、日本舞踊や世界の民族舞踊まで、「舞う」「踊る」という身体を通した表現を幅広く学べます。また、市民参加での創作公演や学生の創った作品を老人ホームや福祉施設で上演するアウトリーチなど、芸術と社会を結ぶ活動も盛んに行っています。

実践的クリエイション「OPAL」と「OPAP」

本専修の誇る独自の実践プログラム「OPAL」(オーパル)と「OPAP」(オパップ)は、共に通常の発表会レベルを越えた質の高い舞台公演をめざすもの。プロの演出家、振付家の徹底的な指導の下で、出演者(オーディション選出)とスタッフの学生が一丸となってのクリエイション(創作活動)を体験し、本格的な劇場であるプルヌスホールで公演します。

演劇を学ぶ

総合芸術である「演劇」を、実技と理論の両面から学べるのが、本専修の魅力です。実技では、演技はもちろん、スタッフワークやプロデュースなど、舞台を支える側も体験。ジャンルも、日本や中国の古典芸能まで幅広く挑戦します。理論では、古今東西のさまざまな演劇に関する知識を修得。さらに人間力やコミュニケーション能力を育てる手法として注目を集める「ドラマ教育」も展開します。

「演じること」の神髄を古典芸能から学ぶ

歌舞伎や人形浄瑠璃、文楽、能楽、そして狂言。日本は、世界でも有数の芸能大国です。世界無形文化遺産に指定されている古典芸能の中でも、狂言には「笑い」を描くという大きな特徴があります。本専修では、和泉流能楽師の野村万蔵氏を講師に迎え、学生が実際に「演じる」ところまでを指導します。さらに、中国の伝統演劇である「京劇」にも挑戦。中国・北京大学で約1,700人もの観客を集める舞台公演を実施できるまでの本格的なレッスンを受けられます。時代を越えて愛される古典芸能の背景にある歴史も学びながら、伝統的な舞台芸術の魅力を発信できる人を目指します。

ダンスを学ぶ

解剖学やさまざまなメソッドを駆使した身体運動の基礎を学びながら、クラシックバレエやコンテンポラリーダンス、日本舞踊などの幅広い表現方法や知識を修得します。学内外の発表活動を通じて、未来のダンス界を担う若い才能を育成するだけでなく、ダンスの自由な表現や共同創作を通じてコミュニケーションを深め、個人と社会のつながりをもたらすことが狙いのコミュニティダンスを学び、ファシリテーターを目指す道もあります。

身体で表現する楽しさを体感する

実験的な表現も含む多種多様なパフォーマンスを取り込み、さらに進化を続けるコンテンポラリーダンス。授業は、自分の身体と向き合うことからはじまります。最初は、思うように動かない身体を不自由に感じることでしょう。ところが、トレーニングを続けると、次第に自由に動き始める身体の変化に気づくはず。学ぶのは身体でデッサンすることから始まり、オリジナルな表現まで。頭の中のイメージと身体を結びつけ、無造作に行ってきた日常の動作を見直し、分析して組み立ててみる。そんな作業を繰り返しながら、自分の身体で表現する楽しさと厳しさを学びます。

表現者として生きる先輩たち

次の時代を担うクリエイターを育てる「演劇・ダンス専修」の学びを経験した先輩たちの生き方に学ぶ。

THEATER
近藤 春陽Haruhi Kondo

演劇専修(現/演劇・ダンス専修) 3年

小学2年から大学入学までモダンバレエを続ける。 大学ではコンテンポラリーダンスに挑戦。 ダンスや演劇を通したコミュニケーション活動を行う アウトリーチ企画などに積極的に参加中。

東京都 トキワ松学園高等学校出身

パフォーマンスを通して、
人と触れ合い、人の輪を広げていきたい。
自分の踊りがどこまで達成できるか楽しみ。

「今までの自分を壊してみてください」。桜美林大学のオープンキャンパスに初めて来たときコンテンポラリーダンスのワークショップに参加し、木佐貫邦子先生に言われたその言葉が心に深く突き刺さりました。それまでモダンバレエを習ってきた私に、枠にとらわれず自由に踊ることは刺激的な体験。ぜひ桜美林大学で学びたいと、進学を決めました。大学での学びは、まさに期待通り。第一線で活躍する演出家や振付家によるOPAL(パフォーミング・アーツ・レッスンズ)では、プロの世界の厳しさを経験。さらに印象的だったのが、アウトリーチ活動「合唱寸劇 水戸黄門」。アウトリーチ活動とは、ふだん劇場に足を運べない老人ホームや小学校などに公演を届けるというもの。お客さんとの距離が近く、演劇やダンスを通して触れ合うことの素晴らしさを体験。“パフォーマンスを通して人の輪を広げていきたい”という、将来の目標を決めるきっかけにもなりました。

BALLET DANCER
林 赳志Takeshi Hayashi

バレエダンサー

日本バレエ協会
新進バレエ芸術家育成支援事業の
「平成28年度Balletクレアシオン」などの舞台に参加。

演劇専修(現/演劇・ダンス専修)2015年卒業
東京都 日本大学第二高等学校出身

演劇を目指していたある日、バレエに一目惚れ。
自分でも驚きましたが、いまは演劇をルーツにした
自分ならではの表現スタイルを磨いていきたい。

バレエダンサーを目指したのは、実は大学4年のとき。高校時代から演劇部に入り、芝居の道を極めようと桜美林大学の演劇専修(現演劇・ダンス専修)に進学したのですが、身体のキレをもっとシャープにしたいと思い、三浦太紀先生のダンス クラシックの授業を4年次に受講。
そこでバレエに出会い、バレエの世界にどんどん引き込まれ、プロのバレエダンサーを目指すように。大人からバレエを始める人は珍しいと思いますが、自分の可能性を信じて舞台やレッスンに励んでいます。
バレエの魅力のひとつは、指先からつま先まで、しなやかな動きの美しさ。三浦先生は憧れの存在であり、在学中から先生のスタジオでもレッスンを受けさせていただき、卒業後は大学で授業のアシスタントも務めさせていただいています。
バレエは単に踊るだけでなく、芝居の要素もあります。それまで培ってきた演劇の表現力をバレエの世界でも生かし、見る人に感動を届けることができればうれしいです。

4年間の学び

  1. 1年次 舞台芸術の基礎を幅広い視点で学ぶ。
  2. 2年次 専門的な知識を深め、表現力を磨く。
  3. 3年次 実践を通して、応用技術を修得する。
  4. 4年次 プロとしての活躍を見据えて自分を高める。

講義科目

  • 劇場文化史
  • 海外演劇特殊研究
  • 日本演劇史
  • 日本近代劇研究
  • 日本現代劇研究
  • 日本古典劇研究
  • 古典演劇作品研究
  • 宗教劇研究
  • 演劇論
  • 戯曲演習
  • 演出研究
  • 分析批評入門
  • 舞踊論
  • 身体原理入門
  • コミュニティダンス論
  • 制作基礎
  • 舞踊文化比較論
  • 演劇芸術応用論

実技・演習科目

  • 上演実技
  • 技術スタッフ基礎
  • 照明・音響演習
  • 舞台美術と舞台運営
  • 上演美術研究
  • 舞台監督の仕事
  • 前衛の世界
  • オーディオ・ドラマ
  • 映像身体表現演習
  • 日本古典劇研究(狂言)
  • 東洋演劇演習(京劇)
  • 身体訓練演習
  • 発声朗読法
  • 演劇芸術応用演習
  • ダンス クラシック
  • ダンス コンテンポラリー
  • 日本舞踊
  • コミュニティダンス演習
  • 詩と朗読

学群共通科目

  • 上演芸術入門
  • 音楽入門
  • ビジュアル・アーツ入門
  • 美学
  • 芸術概論
  • 芸術と人間
  • 芸術と社会
  • 日本文化論
  • 西洋文化論
  • アジア文化論
  • 社会文化・メセナ論
  • 知的財産権通論
  • シアターマネージメント論
  • 音楽マネージメント論
  • アートマネージメント論
  • メディア論
  • 映像ビジネス論
  • 芸術文化研修
  • 芸術文化基礎
  • インターンシップ
  • 専攻演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

進路と資格

自分の好きな演劇・ダンスの仕事に進み、活躍する卒業生が多数いる一方で、4年間学んだ演劇的なものの考え方や表現力、コミュニケーション力を活かして一般企業に就職する学生も多く、卒業後はさまざまな業界に進んでいます。

予想される将来の職業

  • 俳優
  • 舞踊家
  • 演出家
  • 脚本家
  • 振付家
  • プロデューサー
  • 技術スタッフ(照明家、音響家、舞台監督、舞台美術など)
  • 劇場スタッフ

目指せる資格

  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

就職実績(過去3年間より抜粋)

  • 劇団四季
  • オリエンタルランド
  • 静岡県舞台芸術センターSPAC
  • 市川市文化振興財団
  • タイタン
  • 世田谷パブリックシアター
  • ブライダルプロデュース
  • 村上音楽事務所
  • わらび座
  • 人形劇団プーク
  • クリエイトラボ
  • イッセイミヤケ
  • ユナイテッドアローズ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 星野リゾートグループ
  • 日本郵便
  • 松屋百貨店
  • 朝霞市役所 など他多数

職業体験

夏期など長期休暇に、これまで学んできたことを活かしながら、就きたい職業を体験的に研修してみるのが「インターンシップ」。本専修では自分の出身地を始めとする全国の公共ホールや制作会社、照明・音響会社などの研修実績を持っています。

インターンシップの派遣先

  • 三鷹市芸術文化センター
  • 神奈川県芸術文化財団 KAAT
  • 彩の国さいたま芸術劇場
  • 熊本県立劇場
  • 吉祥寺シアター
  • キラリ財団
  • 劇団四季
  • ホリプロ

施設紹介

本格的な演劇専用劇場「プルヌスホール」
前方全面鏡貼りの「ダンススタジオ」
授業や学生の発表公演の場「徳望館小劇場」

担当教員一覧

ページの先頭へ