演劇・ダンス専修

演劇・ダンス専修

文学・舞踊・音楽・美術などさまざまな芸術が織りなす「演劇」。自らの感性と身体を表現手段にして描き出す「ダンス」。 いずれも人間に対する深い洞察や、観る人を魅了する豊かな表現力が求められます。 本専修は、あなたの表現したい想いをカタチにできる確かなチカラと自信を身につける学びを通じて、 これからの舞台芸術の世界をリードできる意欲ある人材を育成します。

学びの特色

第一線で活躍する講師陣からリアルな生きた授業が受けられる。

プロの演出家・振付家による本格的な舞台公演を通して、出演者もスタッフも共に成長できる。

舞台芸術の歴史から最新動向を知り、将来、芸術文化を担う幅広い見識・視野を身につける。

専修の魅力

1年次には、舞台芸術を構成する多様な要素を、実技・実習・講義を通じて広く学び、自分がやりたいこと、自分に向いているものを発見していきます。まずは、演劇志向・ダンス志向に適した科目から学び始めます。
2年次からは自分が選んだ方向に沿っての専門性を深めていき、学年が上がるにつれ、表現力、技術力、企画力などに磨きを掛けます。さらに、現代の社会的ニーズが高い演劇応用・ダンス応用の科目群を導入して、市民参加による創作公演や老人ホームや福祉施設で上演するアウトリーチなど、芸術と社会を結ぶ活動も盛んに行っています。また、ファシリテーターの養成を目指しています。ダンス分野ではクラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、ジャズダンスのほか、日本舞踊など、「舞う」「踊る」という身体を通した表現を幅広く学べます。

実践的クリエイション「OPAL」

本専修の誇る独自の実践プログラム「OPAL」(オーパル)は、一般的な発表会レベルを越えた質の高い舞台公演をめざします。プロの演出家、振付家の徹底的な指導の下で、出演者(オーディション選出)とスタッフの学生が一丸となってのクリエイション(創作活動)を体験し、本格的な劇場であるプルヌスホール・東京ひなたやまキャンパスのスタジオなどで公演します。

演劇を学ぶ

綜合芸術である「演劇」を、実技と理論の両面から学べるのが、本専修の魅力です。実技では、演技はもちろん、スタッフワークやプロデュースなど、舞台を支える側も体験。ジャンルも、日本や中国の古典芸能まで幅広く挑戦します。理論では、古今東西のさまざまな演劇に関する知識を修得。さらに人間力やコミュニケーション能力を育てる手法として注目を集める演劇応用を展開します。

「演じること」の神髄を日本古典演劇から学ぶ

日本は、世界でも有数の古典演劇大国です。世界無形文化遺産の能・狂言、文楽、歌舞伎などの古典演劇の中でも、狂言には中世日本の庶民を描くという大きな特徴があります。本専修では、和泉流狂言師の野村万蔵氏を講師に迎え、学生が実際に「演じる」ところまでを指導します。さらに、日本では珍しい中国の古典演劇である「京劇」にも挑戦。北京大学で約1,700人もの観客を集めた舞台公演を実施。本物の演技・中国語による歌唱の指導が受けられます。時代を越えて愛される古典演劇の背景にある歴史も学びながら、伝統的舞台芸術の魅力を発信できる人材を育成します。

ダンスを学ぶ

古典的なバレエから同時代の表現であるコンテンポラリーダンス、コンテンポラリーバレエ、さらにジャズダンス、日本舞踊などさまざまなジャンルのダンスから、芸術と社会を結ぶコミュニティダンスまで、ダンスを広く、深く、実技と理論の両面から学ぶことができます。同時に、ダンスの土台である一人一人の身体について解剖学や心理学などを通して知り、自らコンディションを整えながら安全に楽しく踊り、表現するための授業も揃っています。未来の表現世界を担う若い才能を育成するだけでなく、ダンスの自由な表現や共同作業を通じてコミュニケーションを深め、個人と社会のつながりを築くことができる表現者や指導者、制作者やダンスの担い手を育成します。

身体で表現する楽しさを体感する

ダンスの実技授業は、どのようなジャンルでも、まずは自分の身体と向き合うことから始まります。最初は、思うように動かない身体を不自由に感じることでしょう。ところが、トレーニングを続けると、次第に自由に動き始める身体の変化に気づくはず。表現したいイメージが浮かんだら、身体の動きと結びつけ、身体の声に耳を澄ませて分析しながら組み立てる。さらに、理論の授業で学んだ舞踊の歴史や作品を参照したり、友人と考えをシェアしたり、舞台で表現することを通じて、身体で表現する楽しさと厳しさを学びます。

4年間の学び

  1. 1年次 舞台芸術の基礎を幅広い視点で学ぶ。
  2. 2年次 専門的な知識を深め、表現力を磨く。
  3. 3年次 実践を通して、応用技術を修得する。
  4. 4年次 プロとしての活躍を見据えて自分を高める。

講義科目

  • 演劇入門
  • 舞踊入門
  • 演劇文化史
  • 日本演劇史
  • 西洋演劇史
  • 東洋演劇史
  • 日本近代劇研究
  • 日本現代劇研究
  • 日本古典劇研究
  • 古典演劇作品研究
  • 宗教劇研究
  • 演劇論
  • 戯曲演習
  • 演出研究
  • 演劇芸術応用論
  • 分析批評入門
  • 制作基礎
  • 日本舞踊史
  • 西洋舞踊史
  • 舞踊作品研究
  • 舞踊文化比較論
  • 舞踊教育法
  • コミュニティダンス論

実技・演習科目

  • 舞台芸術基礎
  • 上演実技
  • 身体訓練基礎
  • 発声朗読法
  • 演劇教育法
  • 映像身体表現演習
  • オーディオ・ドラマ
  • 前衛の世界
  • 制作基礎
  • 技術スタッフ基礎
  • 照明・音響演習
  • 舞台美術と舞台運営
  • 舞台監督の仕事
  • 日本古典劇研究(狂言)
  • 東洋演劇演習(京劇)
  • ボディワーク
  • 身体原理入門
  • ダンス基礎
  • クラシックバレエ
  • コンテンポラリーダンス
  • コンテンポラリーバレエ
  • ジャズダンス
  • 日本舞踊
  • コミュニティダンス演習

学群共通科目

  • 文化と芸術
  • 人間と社会
  • 生命と自然
  • 日本文化論
  • 東洋文化論
  • 社会文化・メセナ論
  • 知的財産権通論
  • アートマネージメント論
  • セルフプロデュース演習
  • 解剖学
  • 日本の文字文化
  • 詩と朗読
  • メディア論
  • 健康科学
  • 芸術文化研修
  • インターンシップ
  • スポーツ

進路と資格

自分の好きな演劇・ダンスの仕事に進み、活躍する卒業生が多数いる一方で、4年間学んだ演劇的なものの考え方や表現力、コミュニケーション力を活かして一般企業に就職する学生も多く、卒業後はさまざまな業界に進んでいます。

予想される将来の職業

  • 俳優
  • 舞踊家
  • 演出家
  • 脚本家
  • 振付家
  • プロデューサー
  • 技術スタッフ(照明家、音響家、舞台監督、舞台美術など)
  • 劇場スタッフ

目指せる資格 ※

  • 博物館学芸員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

就職実績(過去3年間より抜粋)

  • 劇団四季
  • オリエンタルランド
  • 静岡県舞台芸術センターSPAC
  • 市川市文化振興財団
  • タイタン
  • 世田谷パブリックシアター
  • ブライダルプロデュース
  • 村上音楽事務所
  • わらび座
  • 人形劇団プーク
  • クリエイトラボ
  • イッセイミヤケ
  • ユナイテッドアローズ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 星野リゾートグループ
  • 日本郵便
  • 松屋百貨店
  • 朝霞市役所 など他多数

※資格取得に必要な科目は、開講されるキャンパスで履修する必要があります。所定の科目が開講されるキャンパスを事前に確認してください。なお、時間割の都合上、4年間でも資格取得が困難な場合があります。

職業体験

夏期など長期休暇に、これまで学んできたことを活かしながら、就きたい職業を体験的に研修してみるのが「インターンシップ」。本専修では自分の出身地を始めとする全国の公共ホールや制作会社、照明・音響会社などの研修実績を持っています。

インターンシップの派遣先

  • 三鷹市芸術文化センター
  • 神奈川県芸術文化財団 KAAT
  • 彩の国さいたま芸術劇場
  • 熊本県立劇場
  • 吉祥寺シアター
  • キラリ財団
  • 劇団四季
  • ホリプロ

施設紹介

本格的な演劇専用劇場「プルヌスホール」
高さ広さの豊かな前方全面鏡貼り「スタジオII」
授業や学生の発表公演の場「スタジオIII」

担当教員一覧

ページの先頭へ