グローバル・コミュニケーション学群 グローバル教養専修

グローバル教養専修

より多角的な、高みを目指す

3年次からのグローバル・スタディーズ科目を複数言語で学習し、より高度な能力を身につけます。

複数言語を修得すれば、グローバル社会の全体像が見渡せます。
自国および世界の社会・経済・文化等を、それぞれの言語で学習することで、多様な価値観や世界観を、より正確に比較・対照できるようになります。英語・中国語・日本語それぞれの修得に関して豊富なリソースとノウハウがある桜美林大学ならではの専修です。

対象となる学生

入学時にはこの専修は選択できません。英語特別専修、中国語特別専修、日本語特別専修において学び、「グローバル・スタディーズ科目の履修条件をクリアした学生」が本専修を選べます。 本専修は日本語を母語とする学生としない学生では履修条件が異なります。

教育の特色

レベル・目的に応じた選択授業が中心です。多文化共生のグローバル社会においては、多様なものの考え方・文化の違いを認め合い、協働し問題解決に努めることが求められます。このような視点を得るために、本専修では日本を含む世界の文化・経済・ジェンダー・教育等のさまざまな科目を用意しています。各自の興味に応じて科目を選択できますが、可能な限り複数の分野を履修することを推奨します。幅広い教養を身につけることが、真の国際人となるための1番の近道だからです。

4 年間の歩み

1年次・2年次【別専修で学修】
(1~3セメスター目、または1~ 4セメスター目)

入学後、英語・中国語・日本語いずれかの言語(母語以外)の専修において、その言語を集中的に学び、能力・知識を身につけます。

3 年次・4 年次【本専修で学修】
(4~8セメスター目、または5~8セメスター目)

4セメスター以降、第二・第三言語でグローバル・スタディーズ科目を履修し、単位を修得することを可能としています。グローバル・スタディーズ科目(日本文化系科目とグローバル社会系科目)を複数言語で学習することにより、異なる言語・文化から生まれる複数の解釈を学習し、広い視野を身につけることができます。

関連コンテンツ

ページの先頭へ