サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

桜美林の教育

博物館学芸員課程

博物館学芸員の資格取得を目指す。

「博物館学芸員」は、博物館・美術館・文学館・科学館・動物園・植物園・水族館などで、資料の収集・保存、調査・研究、展示・教育を行う、専門的職員となるための国家資格です。
桜美林大学では、1995年に本課程が設置され、全学群に向けて開講されています。実際、学芸員になるのは狭き門ですが、これまでに700名以上の学芸員有資格者を輩出し、博物館などの現場で活躍している卒業生も20名以上に上ります。

資格取得の仕上げの必修科目となる「博物館実習」は、本課程の最も大きな特色となっています。実習は学外の博物館の現場でも行いますが、学芸員になるための基本的技術は、学内の実習によって習得します。本学では、課程創設当初から、学生自身が実習メニューを選べる「プログラム制」(現在は13名の教員で約50のメニュー)とし、定員も8名以内の「少人数制」とするなど、質の高い実践対応型の学芸員養成を進めています。この取り組みは、学外からも高く評価され、平成19~21年度に日本私立学校振興・共済事業団の補助事業に採択されました。教職センターはリベラルアーツ学群の博物館学専攻と協力し、全国をリードする博物館学教育と学芸員養成に取り組んでいます。

ページトップ