• HOME
  • イベント
  • 2016年度
  • <桜美林大学 大学教育開発センター 公開シンポジウム> 教育職員と事務職員による大学改革9/13(火)

<桜美林大学 大学教育開発センター 公開シンポジウム> 教育職員と事務職員による大学改革 9/13(火)

2016/08/25(木)

  • 大学
  • 町田キャンパス
  • 講義・講演
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「大学設置基準等の一部を改正する省令」が2016年3月31日に公布、2017年4月1日から施行されることとなり、SDが義務化されます。また、そこにはSDの目的、対象、形態について、これまでと異なる考え方が示されています。
●大学は、教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため、職員に必要な知識・技能の習得、能力・資質を向上させるための研修(いわゆるFDを除く)の機会を設けることが求められます。
●「職員」には、事務職員や技術職員のほか、教授等の教員や学長等の大学執行部が含まれます。
●SDの機会は、各大学が自ら企画して設けるほか、関連団体等が実施する研修に参加することが想定されています。
大学の運営等に関する能力開発、すなわち新たな「SD」が教員を含むすべての職員に義務づけられるわけです。
このシンポジウムでは、中教審における議論に参加した立場から、大学行政を経験した大学職員の立場から、大学外部の立場から、3人のパネリストに話題提供をしていただき、新たな「SD」とその義務化について参加者の皆様とともに考えたいと思います。

講師篠田 道夫(桜美林大学教授)
喜久里 要(早稲田大学事務職員)
小林 浩(リクルート進学総研所長、リクルート「カレッジマネジメント」編集長)
日時2016年9月13日(火)14:00~17:00
場所桜美林大学 町田キャンパス 明々館 A408教室
参加費無料
申込み参加希望の方は、9月6日(火)までに、お名前、所属を明記し、メールにて桜美林大学大学教育開発センター宛(fdcenter@obirin.ac.jp)にお申し込みください。

その他主催:桜美林大学 大学教育開発センター
後援:大学コンソーシアム八王子
協賛:恵泉女学園大学、相模女子大学、大正大学、玉川大学、明星大学、和泉短期大学(大学・短期大学五十音順)

最新のイベント情報

ページの先頭へ