• HOME
  • ニュース
  • 2015年度
  • 野球部員4名がGOプログラムにてハンボルト州立大学に留学中です

野球部員4人がグローバルアウトリーチプログラムにてハンボルト州立大学に留学中です

2016/03/03(木)

  • 大学
  • グローバル
  • スポーツ
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

現在、野球部員の4人がリベラルアーツ学群の留学プログラム(グローバルアウトリーチプログラム)にてアメリカ・カリフォルニアのハンボルト州立大学(Humboldt State University)に留学しています。
4人は英語環境にも少しずつ慣れ、毎日授業後には、同大学野球チームの練習にアメリカ人学生に交じって参加し、土・日の遠征試合等にも帯同・出場しています。

このプログラムは海外での学習、生活体験、奉仕活動などを通し、多様な世界を知ることで、自分とより深く向き合い、自分の夢の実現に向かって学生が歩むことを支援しています。また、グローバルアウトリーチ(Global Outreach)には、桜美林学園のモットー「学びて人に仕える(学而事人)」に基づき、国際社会に貢献できる人を育成する意味が込められています。







左から田中詠登さん(横浜商科大学付属高校出身)、平岡永伍さん(横浜商科大学付属高校出身)、
野村泰貴さん(生光学園高校出身)、大木拓海さん(東海大菅生高校出身)(いずれも1年生)

関連ページ

ページの先頭へ