• HOME
  • ニュース
  • 2018年度
  • 【注目記事】THE 世界大学ランキング 日本版 3分野でランクイン

THE 世界大学ランキング 日本版 3分野でランクインしました

2019/03/30(土)

  • 大学
  • お知らせ
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」は、3月27日(水)に、THE世界大学ランキング日本版2019の結果を発表し、本学は、3年連続総合ランキングにランクイン(111-120位・首都圏42位)しました。

THE世界大学ランキング日本版は、日本の教育事情により即したかたちで大学の魅力や特性が表れるように、大学の「教育力」を測る設計がなされており、「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の各分野のランキングを発表しています。

本学は、総合ランキングに加え、教育充実度(67位)、教育成果(105位)、国際性(38位・首都圏14位)と3分野にランクインしました。

大学のあらゆる事業を国際基準に

桜美林大学は、以前から国際化の面で高い外部評価を得ています。近年、信頼性の高い「大学ランキング」でも本学が選ばれており、「THE 世界大学ランキング 日本版 2019」では「国際性」分野で第38位(首都圏14位)にランクイン。外国人学生や教員の比率から、国際的な教育環境を評価されました。この国際性については「独立行政法人大学改革支援・学位授与機構」が実施した「大学機関別選択評価」においても、「国際的な教育環境の構築」や「外国人学生の受入」、「国内学生の海外派遣」について、「一般的な水準から卓越している」と評されています。

私たちが目指すのは、こうした国際性豊かな特色をさらに強化し、本学をより「世界中から人が集まる大学」そして「世界で通用する大学」にすること。そのために、カリキュラム、学生生活などとともに、大学の設備も世界に通用する基準に寄せ、海外の教育システムとの互換性も高めていきます。


詳細はこちらをご覧下さい。(「THE世界大学ランキング日本版」公式サイト)

ページの先頭へ