落語研究部

落語研究部は、落語が大半ですが、漫才やコントなど、お笑いに関することなら何でもできます。
主な活動としては、慰問への参加、大会への出場、他大学との合同の寄席、日々の稽古になります。
慰問とは、地域の自治会や老人ホームへ月4回程度、基本的に土曜日か日曜日に行う活動のことです。こうして地域の方々と頻繁に関われるというのは、大学生としてとても貴重な経験です。
また、大会の参加は任意ですが、南は沖縄から北は北海道まで全国から学生が集う大会や、参加者が女性のみの大会など様々なものがあります。
大学生になって、何か一つのことに打ち込み、結果を出したい!と熱くなれるので、大会への参加はおすすめです。
そして、それらを支えるのが日々の稽古です。基本的には個人練習ですが、1週間に2回ある稽古会でネタを見せ合い、互いの芸を磨きます。2018年度は、全国大会で決勝進出することが出来た部員がいました。2019年度はまた一段と飛躍できるよう精進して参ります。

部活動の現況報告

活動日 火・木(土・日は寄席や慰問活動があれば)
活動場所 学而館教室
活動時間 17:50~21:00
加盟学連 関東落研連合

年間活動報告

4月 新入生歓迎会
5~6月 稽古
7月 夏桜寄席
8月 てんしき杯(全国大会)
9月 合宿
10月 稽古
11月 大学祭寄席
12月 稽古
1月 冬桜寄席
2月 策伝大賞(全国大会)
3月 卒業寄席

ページの先頭へ