三つの方針

  • 学位:修士(心理学)
  • 博士前期課程
  • 町田キャンパス
  • 募集人員 各20人

心理学実践研究学位プログラム(博士前期課程)

ディプロマ・ポリシー

⼤学院教養(研究⽅法論の修得を含む豊かな⾼次学術基盤の構築)の修熟と⾼度の専⾨職⼒(プロフェッショナル・レディネス)の養成に着眼し、グローバル化時代での活躍に不可⽋な実⾏機能の育成も視野に教育実践を⾏います。⼼理学実践研究における学術理論の修得を基盤として、専⾨職に期待される知識、技能(Knowledge, Skills)の獲得と⾼次思考技術(Higher Order Thinking Skills)の醸成を⾏います。
本学位プログラムでは所定の在学期間と単位数34 単位を満たし、修⼠論⽂もしくは研究成果報告の審査及び最終試験に合格した者で、かつ以下に⽰す⼼理学における⾼度な知識・技能、理論・実践⼒と豊かな⼼理専⾨職性を有する者に修⼠(⼼理学)の学位を授与します。

①⾼度な学識:
ポジティブ⼼理学あるいは臨床⼼理学領域の専⾨的知識及び関連分野の理解を深めて、先⾏研究の知⾒を基に理論的かつ意義深い論⽂をまとめる能⼒がある。
②理論的・実践的能⼒:
アセスメント・カウンセリング・⼼理療法あるいは⼼理教育など様々な⼼理学的援助に関する体系的な知識とスキルを⾝につけ、⼈々の⾝体的、精神的、社会的健康を促進するための能⼒と熱意がある。
③豊かな⼈間性:
ポジティブな志向性を有し、⼼のバランスが取れ、⼗分な共感性と配慮をもって⼈と関わることができ、他者と協働するに⾜るコミュニケーション能⼒を有するなど、対⼈援助者としてふさわしい豊かな⼈間性を備えている。

また、学位取得の課程では、以下の三項⽬が評価の対象ともなります。

Work ready = 職場の⾏動や態度として基本的に期待されること
Job ready = 仕事を始める最初の段階で必要とされる特定の訓練内容を獲得していること
Career ready = キャリアパスの中で学びを始めるに⾜る重要な知識、学修のための技能や技術を獲得していること

カリキュラム・ポリシー

本⼤学院の「教育課程編成・実施の⽅針」に基づき、本学位プログラムではポジティブ⼼理学あるいは臨床⼼理学領域の専⾨的知識に基づく研究者としても⼼理学的⽀援者としても⾃⽴しうる、専⾨性と実践⼒を有する公認⼼理師および臨床⼼理⼠、専⾨健康⼼理⼠を養成することをミッションとし、教育課程を編成しています。

①教育課程の特⾊
公認⼼理師および臨床⼼理⼠、専⾨健康⼼理⼠の資格取得のためのカリキュラムを置いています。各資格取得に⽋かせない実践的な⼒を養う場として保健医療、教育、福祉、産業労働、司法矯正の5領域での実習ができる環境を整え、また臨床⼼理⼠養成においては「臨床⼼理センター」も設置しており、在学中に外部からの相談を実際に受け持ち、実際の臨床場⾯を体験することができます。各⼼理学の専⾨領域の講義に加え、実践⼒を⾝につけるために⽀援者養成の要となる実習・演習科⽬を置き、公認⼼理師および臨床⼼理⼠、専⾨健康⼼理⼠として活躍できるよう教育課程を編成しています。
また、「専攻科⽬群」では社会や組織における個⼈の理解や⼼⾝の健康に関する基礎知識や⼼理学研究法の修得を⽬指しつつ、「展開科⽬群」においては、⼼⾝の不調に対する⽀援だけでなく、⾃⼰理解による⾃⼰実現や健康を維持・増進するための⽀援も重視した、臨床⼼理学的視点とポジティブ⼼理学的視点を2つの柱とする、より具体的な理論やスキルを修得できるような、社会貢献を⽬指した実践の学として⼼理学を位置づけた教育課程を編成しています。

②教育⽅法や実施体制
実習と演習科⽬が多く実践的教育に主眼を置くとともに、理論⾯でも各種特論科⽬を配置することにより、理論を踏まえた実践を意識した学修や研究活動を可能としています。複雑化した社会の中で⽣きる個⼈の多様化した⼼理的課題について考察を可能とする科⽬を配置することで、様々な研究に対応できるよう研究環境を整えています。
「専攻演習」は、研究指導を受ける教員の下で、修⼠論⽂もしくは研究成果報告を完成させるための演習科⽬として置き、学⽣がより主体的に研究に取り組めるよう、担当教員は論⽂等の指導を⾏う他、学⽣の履修科⽬担当教員とも情報を共有し、学⽣の研究活動へのアドバイスを⾏います。

③学修成果と研究成果の評価
修⼠論⽂は、先⾏研究の調査、独創的なテーマ設定、関連資料の収集など学術的な取り組みのもとで進め、研究成果報告は、実学的な側⾯を重視し、本⼈の業務内容に関連した問題をテーマとしたケーススタディを中⼼として実務的な論⽂を作成します。いずれも中間発表から修了試問を経て、審査委員会により審査され、本学位プログラムにおける「修了認定・学位授与の⽅針」に照らし合わせて評価されます。

アドミッション・ポリシー

当該学位プログラムにおける学生受入れの方針は、次のとおりである。
臨床心理学、ポジティブ心理学を基礎学問として、心の健康や豊かな生活に関する研究と実践を行い、心の専門家及び優れた研究者の養成を目的としています。
特に、人々の心身の健康を維持増進するための専門的知識を深め、援助能力を向上させることや、心の健康のための心理査定やカウンセリング・心理療法あるいは心理教育等 様々な臨床心理学的援助に貢献する研究を行います。プログラム修了時には、心の専門家としての専門的知識と実践力のある公認心理師及び臨床心理士、専門健康心理士 等の高度な専門職業人として社会で学びを活かすことが期待されます。

【求める学生像】
・臨床心理学及びポジティブ心理学、心理学に関する学士課程修了相当の基礎的な知識を修得している方
・臨床心理学的援助及び対人援助に携わるための心理的安定性、共感能力のある方
・他職種とのチームワークを行うためのコミュニケーション能力のある方
・臨床心理学に関する研究を行うための論理的思考能力がある方
・臨床心理学及び心理学に関する学士課程修了相当の基礎的な知識を修得している方
・地域の医療や福祉、教育機関、企業等においてポジティブ心理学を基礎とした介入実践を目指す方
・医療や福祉、教育等の現場で既に実践を行っており、そのキャリアアップを目指す方

ページの先頭へ