町田キャンパス

  • リベラルアーツ学群
  • ビジネスマネジメント学群(FOコース除く)
  • 健康福祉学群
  • 芸術文化学群
  • 国際学研究科
  • 経営学研究科
  • 言語教育研究科(英語教育専攻)
  • 心理学研究科

東京都町田市に位置する桜美林大学のメインキャンパスです。キャンパスに門や柵を設置しないことで、誰にでも広く開かれていることを象徴し、国境や文化を越えて学ぶ桜美林大学の姿勢を表しています。構内にある建物には、それぞれ桜美林学園の歴史や創立者の願いが込められた名前がつけられています。

土地面積:15,298.43㎡
住所:〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
電話:042-797-1583(インフォメーションセンター)

キャンパスマップ

1一粒館(いちりゅうかん)

1一粒館(いちりゅうかん)

1階のインフォメーションセンターは、桜美林大学に関するお問い合わせや入試に関するご質問、個別相談に応じる窓口で、年中無休です。また、一粒館には、保健衛生支援室と学生相談室があり、学生を心と体からサポートします。
一粒館前にスクールバス乗り場があり、淵野辺駅と多摩センター駅をスクールバスが往復しています。

2学而館(がくじかん)

2学而館(がくじかん)

教室の他、授業のことや文献の探し方など、さまざまなことが相談できる「コーナーストーンセンター」、外国語の文書作成を支援する「ライティング・サポートセンター」、留学生の日本語学習をサポートする「日本語学習リソースセンター」があります。

校舎名の意味・由来
学園のモットー「学而事人(学びて人に仕える)」より命名されました。

3更賜体育館(こうしたいいくかん)

3更賜体育館(こうしたいいくかん)

授業や部活動で使用します。体育館では、スポーツはもちろん、大学祭コンサートなどのステージも行われます。

校舎名の意味・由来
「さらに神より賜ったもの」という意味です。

4止戈徳館(しかとくかん)

4止戈徳館(しかとくかん)

エアロバイクや各種筋力トレーニングマシンがそろっており、学生は自由に利用できます。また。ラケットやボールなども貸し出しています。2階は柔道場、3階は剣道場です。

5清友館(せいゆうかん)

5清友館(せいゆうかん)

部室の集まったクラブハウスです。1階のコンビニエンスストアでは、桜美林グッズを販売。ATMも設置しています。さらに、住まいの紹介・旅行の手配もできます。

6明々館(めいめいかん)

6明々館(めいめいかん)

教室、PC教室の他、1階と8階に自由に利用できるラウンジがあります。

校舎名の意味・由来
儒教の経書の一つである『大学』や中江藤樹の『扇問答』に見られる語「明明徳」より命名されました。「明明徳」とは、人間が生まれながらにして有している優れた特性「明徳」を、私欲を払い除くことによって明らかにするという意味です。

7太平館(たいへいかん)

7太平館(たいへいかん)

教室、PC教室、教員の研究室があります。1階のラウンジにあるカフェでは、焼き立てパンを販売しています。

8崇貞館(すうていかん)

8崇貞館(すうていかん)

教員の研究室、ゼミ室の他、学生と教員が共に利用できる「考房」があります。1階には、学生食堂「桜カフェ」があり、バラエティーに富んだメニューをそろえています。

校舎名の意味・由来
崇貞の名は、学園創立者である清水安三が中国北京の朝陽門外に設立した崇貞学園(1921年創設)に由来しています。

9栄光館(えいこうかん)

9栄光館(えいこうかん)

桜美林学園の事務局があります。

校舎名の意味・由来
『新約聖書』ローマの信徒への手紙5章2節「今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています」を引用しています。

10碩学会館(せきがくかいかん)

10碩学会館(せきがくかいかん)

研究室と教室があり、2階「キャリア開発センター」では学生の就職活動を支援しています。

11亦説館(えきせつかん)

11亦説館(えきせつかん)

造形デザイン専修、映画専修の授業で利用します。

12其中館(きちゅうかん)

12其中館(きちゅうかん)

桜美林学園の歩みを資料で公開する「桜美林資料展示室」の他、世界各国の民族服、生活道具、楽器などを展示する「異文化発見ハンズオンギャラリー」があります。

13同窓会館(どうそうかいかん)

13同窓会館(どうそうかいかん)

卒業アルバムの他、創立者のビデオなども置かれており、同窓生の交流・情報交換の場です。

14待望館(たいぼうかん)

14待望館(たいぼうかん)

欅の広場のほぼ中央にある建物で、大人数を収容できる教室があります。

校舎名の意味・由来
『後漢書』にある「待望」の語(「神の国」を待ち望む意味)から命名しました。

15荊冠堂(けいかんどう)

15荊冠堂(けいかんどう)

通称チャペルと呼ばれる荊冠堂は、桜美林学園創立60周年を記念し、2007年12月に完成しました。キリスト教主義学校である桜美林学園を象徴する建物です。

校舎名の意味・由来
「荊冠」とは、キリストが十字架に架けられた時にかぶせられた「荊(いばら)の冠(クラウン)」のことです。桜美林大学のシンボルは、これに3本のクギをあしらったスリーネイルズ・クラウンで、「艱難(かんなん)を経て栄光に至る」という意味を持っており、全人類の救いのためにささげられたキリストの精神がここに表されています。

16理化学館(りかがくかん)

16理化学館(りかがくかん)

自然科学系の授業で使う化学実験室や天体観測所などの設備の他、心理学や健康福祉学群の授業で使う実験・実習室も備えています。

校舎名の意味・由来
「理化学」とは、物理学と化学を指す言葉ですが、古くはScienceの総称として用いられた言葉です。桜美林における物理学、化学を含む総合的な理科教育、自然科学教育の充実と発展を願い「理化学館」と命名されました。

17サレンバーガー館

17サレンバーガー館

健康福祉学群の授業で使われ、福祉や保育の実習室があります。「実習支援センター」では、学外で行われるさまざまな現場実習をサポートしています。

18老実館(ろうじつかん)

18老実館(ろうじつかん)

約200席の広々とした学生食堂があり、定食の他、丼もの、麺類が食べられます。

19以徳館(いとくかん)

19以徳館(いとくかん)

映画館と同等の設備を整えた映写ホール(全89席)とイタリア・ファツィオリ社製の希少なピアノを備えた音楽ホールがあります。

20三到図書館(さんとうとしょかん)

20三到図書館(さんとうとしょかん)

1970年に完成した6階建ての歴史ある建物です。蔵書総数は、約52万冊。5,700種類の学術雑誌と世界の新聞約60紙を閲覧できます。各種DVDやビデオの貸し出しも行っています。

21図書館分館

21図書館分館

ノートPCを利用してガイダンスを実施するスペースがあり、視覚障がい者のための対面朗読機器を設置しています。

22徳望館(とくぼうかん)

22徳望館(とくぼうかん)

芸術文化学群の授業で使われています。音楽の練習室やダンススタジオ、小劇場、映画の機材室、CG教室、アトリエなどがあります。

23又賜体育館 (ゆうしたいいくかん)

23又賜体育館(ゆうしたいいくかん)

授業や部活動などで使用します。館内に「スポーツ推進センター」があります。

24忠生教室棟

24忠生教室棟

造形デザイン専修の陶芸、彫朔、絵画等の授業で使用しています。

25臨床心理センター

25臨床心理センター

臨床心理学に関する研究・教育機関で、臨床心理学専攻の大学院生らが地域の皆さまの心の課題について、カウンセリング・サービスを行います。

26黎明館(れいめいかん)

26黎明館(れいめいかん)

体育会、文化会の部室が集まるクラブハウスです。

27同志館(どうしかん)

27同志館(どうしかん)

部活動やゼミなどの研修に利用されている宿泊可能な施設です。食堂、洗面所、トイレ、シャワー室等を完備しており、本学の教職員が同行する場合は、宿泊合宿も可能です。利用受付は、学生生活支援課で行います。

28桜寮[女子学生寮]

28桜寮[女子学生寮]

キャンパスの目の前という絶好の立地にある女子学生寮です。エアコンの設置はもちろん、浴室・乾燥室などの共有設備も充実。平日は3食、日曜・祝祭日には朝食と夕食が提供されます。

29研究棟A

29研究棟A

芸術文化学群教員の研究室があります。1階の「ローズホール」は、学生が自由に使えるラウンジになっています。

30研究棟B

30研究棟B

教員の研究室と老年学研究所、健康心理・福祉研究所の他、大学院の健康心理学実習室があります。

31研究棟D

31研究棟D

造形デザイン専修の版画の授業で使用しています。

32桜グラウンド

32桜グラウンド

桜グラウンドは、9,100平方メートルのグラウンドで、サッカー、ラグビー、アメフト、陸上などで使用しています。

33紫雲館(しうんかん)

33紫雲館(しうんかん)

2017年に新しく完成した木造の弓道場です。最大12人まで弓を射ることができます。

桜美林大学では、健康増進法や喫煙防止教育の推進など、各省庁や社会からの要望を受け、
大学の学生並びに教職員の健康を増進するため、学内を全面禁煙としています。

インフォメーションセンター

一粒館(いちりゅうかん)1階にあるインフォメーションセンターは、年中無休で桜美林大学に関するお問い合わせや入試に関するご質問、個別相談に応じています。

電話:042-797-1583
メール:info-ctr@obirin.ac.jp
開室時間:[平日]9:00〜18:00 / [土]9:00〜17:00 / [日・祝日]10:00〜17:00
(12/31、1/1〜1/3を除き年中無休)

四季ごとのキャンパス風景

ページの先頭へ