ご挨拶

桜美林大学孔子学院理事長挨拶

学校法人桜美林学園理事長
桜美林大学孔子学院理事長
小池 一夫

桜美林大学孔子学院は東日本で初の孔子学院として2005年に調印、2006年から事業を開始しました。

本学の建学の精神として「キリスト教精神に基づく国際人の育成」を掲げています。国際人となるためのコミュニケーションの第一歩は言語です。異なる言語を持つ人たちと言葉を交わすことができる、文字を読むことができることによって、新しい価値観や考え方に出会うことができます。さらには文化を知ることによって、相手を知るだけではなく、自国や自分自身の再確認ともなるでしょう。

孔子学院ではこれまで、グローバル・コミュニケーション学群中国語特別専修での学士課程教育への参画、中国語特別課程及び公開講座の運営、中国語・中国文化各種行事の実施など、建学の精神に基づき着実に歩んでまいりました。特に学士課程教育では入学8ヶ月の初学者がこれまで全員が中国政府公認で世界基準のHSK(漢語水平考試)4級に合格するなど、確かな成果を挙げています。

今後においても、次代の日中の架け橋となるべく、様々な事業を通じて、より発展していけたらと存じます。

中国国家漢弁主任挨拶

中国国家漢弁主任・
孔子学院本部総幹事
許 琳

この度は桜美林大学孔子学院の開設にあたり、中国国家漢弁/孔子学院本部を代表して心よりお祝い申し上げます。また孔子学院設立にあたり尽力してくださった各方面の関係者の皆様に謹んでお礼申し上げます。

中国と日本は一衣帯水の隣国で、悠久の歴史を持っています。はるか昔より両国は政治、経済、文化、教育、科学技術等の各方面において交流を行い発展してきました。また現在では民間レベルで様々な形での交流があり、特に教育と文化の交流は両国民の相互理解と友誼を深めるために重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

桜美林大学は日本でも著名な総合大学で、開校以来中国語と中国文化の教育に力を注いでこられ、日本のために中国語や中国文化に精通した人材を育成し、日中両国の交流と友好を担う有能な人材を数多く輩出してきました。桜美林大学孔子学院の設立は、日本における中国語教育の幅を広げただけではなく、同時に両国民の更なる相互理解を推し進めたいという切実な希望を叶え、両国の文化と交流をより強めるための新しい道を切り開いたといっていいでしょう。我々は全力で桜 美林大学孔子学院の発展を支持する所存です。そして日中双方が互いに協力し事業を進めていくことによって、桜美林大学孔子学院が必ずや日中両国の教育と文化の更なる交流を促進する掛け橋となり、両国が更に友好的発展をしていくために貢献していけると信じております。

最後に桜美林大学孔子学院が今後たゆむことなく発展し、多大な功績を残せることを心より願っております。

同済大学学長挨拶

同済大学学長
裴钢

 桜美林大学孔子学院は同済大学が海外にて協同で設立した最初の孔子学院であります。日本全国で二番目そして東日本としては初の孔子学院として、これまで厳格な教育体制そして豊富な文化交流など独自性ある多くの活動を行い、中国語教育や文化交流などの方面で影響力を持つようになりました。

桜美林大学孔子学院の発展に伴い、同済大学と桜美林大学の交流活動は増えつつあり、信頼と友情の絆はますます深くなってきております。 「益者三友、直きを友とし、諒を友とし、多聞を友するは、益なり」という孔子の言葉にあります様に、孔子学院の共同運営の中で、私どもは互いに尊重しあい、信頼しあい、誠意をもって、互いに持ちつ持たれつの関係を築いてまいりました。学士課程であるグローバル・コミュニケーション学群中国語特別専修の教育プログラムだけではなく、同済大学で共同実施した「全日本青少年中国語カラオケ大会決勝戦」も、両校の密接な連携と、お互いの努力があってこその成果であります。これらの活動は、同済大学の日本との共同事業において良き模範となっております。

今後同済大学・桜美林大学の双方が、より密接に協力し合い、多種多様な中国語教育、教材編集、中国留学、文化講演ならびに芸術公演や展示会などの活動を通し、日本社会に貢献し、より良い日中交流と友好関係を築き上げていけるものと信じております。


桜美林大学孔子学院学院長挨拶

桜美林大学学長補佐
桜美林大学孔子学院学院長
楊 光俊

 桜美林大学孔子学院では、特に「中国語教育」と「日中青少年交流」に力を入れております。
中国語教育においては、学士課程であるグローバル・コミュニケーション学群「中国語特別専修」をはじめ、「公開講座」「企業向け中国語研修」「中国語教員の研修」など、多数のプログラムを実施しております。なかでも中国語特別専修は、大学の学士課程への教育に直接参与するという他に類を見ないプログラムとなっています。中国語の受講生の皆様の中国語学習に対する意識は大変高く、皆様のご要望にこたえられる様に、日々、教育プログラムの研究をしています。
 日中青少年交流においては、「全日本青少年中国語カラオケ大会」「日中学生フォーラム」などを実施しています。

「桜美林大学孔子学院で学んで、今よりももっと中国語力を伸ばしていきたい」
「桜美林大学孔子学院を通じて、活発な日中交流をしたい」
桜美林大学孔子学院は、このような声の集まる場所です。ここで出会う皆様と一緒に、桜美林大学孔子学院をつくっていきたいと考えております。

ページの先頭へ