図書館概要

桜美林大学図書館について

図書館概要

桜美林大学には三到図書館(町田キャンパス)、四谷キャンパス(千駄ヶ谷)図書室があります。図書館の蔵書は和書約33万冊、中国書約3万冊、洋書約13万冊、学術製本雑誌約7万冊、約4,800タイトルの学術雑誌、英・米・中国・韓国など主要国の新聞約60紙、視聴覚資料約1万7,000点を所蔵しています。また図書館では、印刷物の他に多くのオンラインデータベース、電子書籍や電子ジャーナルを利用者に提供しています。四谷キャンパス(千駄ヶ谷)図書室は主に大学院で利用する資料を所蔵しています。

本学図書館蔵書の特徴は、聖書を始めとしたキリスト教関係の資料が充実していること、中国研究のための資料が豊富であることです。本学は「キリスト教精神に基づく国際人の育成」を建学の精神としていること、創立者清水安三(1891-1988)自身が牧師であり、戦前から中国と関係が深く、大学開学当初から文学部中国語中国文学科が設けられたことが、本学図書館蔵書の特徴のひとつとなっています。

三到図書館の閲覧席は1階、3階、5階にあります。3階にはインターネットに接続された学習用のデスクトップパソコン16台を設置し、DVDなどを視聴するブースも用意しています。また3階はラーニング・コモンズとしてグループ学習、授業、イベントなどに活用されています。1階と5階は静かに学習するフロアです。三到図書館内で利用できるノートパソコン40台を用意しています。

四谷キャンパス(千駄ヶ谷)図書室は大学院キャンパスとして利用されています。大学院老年学研究科、大学アドミニストレーション研究科に関連し、老年学、高等教育論などの図書や学術雑誌が充実しています。インターネットに接続された学習用のデスクトップパソコン20台を設置しています。

ページの先頭へ