サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

言語教育研究科

理論と実践をバランスよく修得できるように科目を配置する。

日本語教育専攻

日本語教育専攻では、応用言語学分野の講義科目を中心に、理論と実践をバランスよく修得できるように科目を配置し、カリキュラムを編成しています。学びの特徴としては、協働性と自律性を重視し、授業では講義に加えて協働研究や発表や討論を積極的に導入して、大学院生の考察力や対話力を高めています。

英語教育専攻

英語教育専攻では、広く言語教育・外国語教育という視点から英語教育をとらえ、教養と実用、理念と実際、講義と演習のバランスをとった科目配置をしています。また、学びの基本に「教える」あるいは「発表する」を据えています。すなわち、‘Teaching or presentation is learning.’で、受講者の指導実演や発表を中心とする授業を多くしています。

専攻の紹介

日本語教育専攻と英語教育専攻があり、現職教員の再教育と教員養成の両面から言語教育の高度職業人の養成を行っています。

三つの方針

言語教育研究科の三つの方針です。

大学院教員紹介

高い理念や理論と実践力を兼ね備え、教育研究を指導する教員たちを紹介します。

修士論文

言語教育研究科の学位論文の題目および要旨を紹介します。

研究活動

言語教育研究科で行われる研究活動を紹介します。

社会連携

幅広く社会と連携した研究活動を紹介します。

このページに関する情報

総合研究機構について知る

ページトップ