サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

国際学研究科

国際的視野に立ち、幅広く、柔軟にさまざまな問題に取り組む。

国際学専攻【博士前期課程】

グローバル化が急速に進む今日の社会では、グローバルな視点に立ち、より学術的な見識と問題解決能力を兼ね備えた人材が必要とされています。国際学専攻では、複雑な世界情勢に柔軟に対応してゆける人材を育成するため、人文科学及び社会科学の2領域におけるさまざまな分野を専門とする豊富な教授陣を配しています。

国際協力専攻【修士課程】

国際協力専攻は、国際平和、社会正義、持続可能な発展をめざす国際協力の諸分野で貢献できる人材の養成を目指しています。そのために、国際政治、国際法、国際関係論、文化人類学、地域研究などの基礎的な知識を幅広く習得することと、併せて現場を重んじる実践的アプローチと手法を身につけることをも目指します。

国際人文社会科学専攻【博士後期課程】

国際人文社会科学専攻は2つの目的をもっています。ひとつは各専門分野の研究者として自立して研究活動を行うことができるような人材を育成すること、もうひとつは高度に専門的な業務に従事するうえで必要とされる高度な研究能力、およびその基礎となる豊かな学識をもつ人材を育成することです。
本専攻では、国際的な視野をもった人文社会科学分野の研究者及び高度専門職業人の養成を目的として各研究指導分野に第一線の教授陣を配し、博士学位取得をめざす皆さんを支援する体制を整えています。

専攻の紹介

国際学専攻、国際協力専攻、国際人文社会科学専攻の3つの専攻で構成されています。

三つの方針

国際学研究科の三つの方針です。

大学院教員紹介

世界水準の研究を促し、多様な関心にも応えられる専門分野の教員たちを紹介します。

論文

国際学研究科の学位論文を紹介します。

研究活動

国際学研究科で行われる研究活動を紹介します。

このページに関する情報

総合研究機構について知る

ページトップ