サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

経営学研究科

マネジメント、グローバルビジネス、国際標準化研究。3つの領域を多角的に研究する。

経営学専攻が提供する科目群は、43科目(すべて2単位)によって構成されています。上述のマネジメント、グローバルビジネスと国際標準化研究という3つの領域において、歴史、理論、政策、言語の視点から、多様な専門科目が配置されています。このうち3科目は経営学研究の基礎科目(必修)、12科目はマネジメント領域の専門科目、14科目はグローバルビジネス領域の専門科目、10科目は国際標準化研究の専門科目です。加えて4科目の特殊講義科目が設けられ、最先端の課題研究を提供できるよう構成されています。特に特殊講義は必要に応じて柔軟に入れ替え、留学生が多いという学生の特性を考慮して日本の企業研究に重点がおかれています。
教員スタッフは、講義と研究指導を担当する専任教員8名、兼任教員3名、講義のみを担当する専任教員5名、兼任教員4名の陣容を擁しています。カリキュラムには、理論と政策の基礎科目をはじめとして、英語の習得にも力を入れており、学生が自分の志向する職業分野の専門性を高められるよう、それぞれ体系的な科目群を配置しています。
また特殊講義を開設して最先端の課題研究を支えています。将来の研究者を望む学生には、博士後期課程に進むことも可能です。限りない知的好奇心の高揚をこの経営学専攻で満たされることを望みます。

専攻の紹介

グローバルな活動を展開する企業に着目し、企業経営の思想と技術を探求します。

三つの方針

経営学研究科の三つの方針です。

大学院教員紹介

国内外の学生の要望に応える専門的、学際的研究指導を行う教員たちを紹介します。

修士論文

経営学研究科の学位論文の題目を紹介します。

研究活動

経営学研究科で行われる研究活動を紹介します。

社会連携

幅広く社会と連携した研究活動を紹介します。

このページに関する情報

総合研究機構について知る

ページトップ