• HOME
  • 国内キャンパス

国内キャンパス

多摩アカデミーヒルズ内にあるフライト・トレーニングセンター(FTC)

フライト・オペレーションコースの学生が国内で学ぶ場所が多摩アカデミーヒルズ内にあるフライト・トレーニングセンター(以下FTC)です。ここで学生たちは海外訓練へ旅立つまでの基礎を磨きます。FTCには、授業を実施する講義室の他、FTD(Flight Training Device:飛行訓練装置)室、学生ラウンジ、自習室、教員室、事務室、ジム、そして本コースの宿泊施設があります。

また、1年次には航空・マネジメント学群の基礎知識を他コースの学生と一緒に受講します。

このような環境の下、航空産業での豊富な経験と訓練教育における多彩なノウハウを持つ教員が、テキストでは学べないエアマンシップを直接伝えていきます。

基礎的な専門知識の習得

多摩キャンパスでは、飛行の基礎、航空機の仕組みと構造、航空無線と電波法など、パイロットになるための基礎的な専門知識を学びます。また、1年次春学期という早い段階で、「航空無線通信士」の資格取得を目指します。同時に専門性の高い英語力を身につけ、高度なコミュニケーションスキルを磨きます。

抜群の学習環境

町田キャンパスよりスクールバスで約20分の多摩センター駅からさらに徒歩約10分。緑豊かな多摩中央公園を抜けると、広々とした建物が見えてきます。DA-42、B737-800のFTD(飛行訓練装置)、A320APT(パネルトレーナー)を備え、学習環境は抜群です。

ページの先頭へ