サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

プライバシーポリシー

桜美林大学の個人情報保護の取り組みについて

1.学校法人桜美林学園の取り組み

2005年4月1日の「個人情報の保護に関する法律」の施行に伴い、学校法人桜美林学園(以下「本学園」と言います。)では、「プライバシーポリシー」(以下参照)を公表するとともに、「個人情報保護規程」を制定し、すべての教職員が個人情報の保護に取り組んでいます。

桜美林学園プライバシーポリシー
2005年3月28日
学校法人 桜美林学園
理事長 佐藤東洋士

桜美林学園は、本学園に関わる入学志願者、学生・生徒・園児及び保護者並びに教職員等のかけがえのない人格と個人情報の重要性を認識し、個人情報保護規程を定めるとともに、下記について取り組んでまいります。

  1. 個人情報の収集・利用にあたり、その目的を明らかにし、収集した個人情報の使用範囲を目的達成のために必要な限度にいたします。
  2. 個人情報に関する個人の権利を尊重し、各自の個人情報の開示、訂正、削除等を文書により求められたときは、各所管部署において的確に対応いたします。
  3. 事前に承諾をいただいた場合及び法令の定め等による場合を除き、第三者に対し個人情報の開示・提供はいたしません。
  4. 個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを予防するため、必要かつ適切な安全措置を講じていきます。
  5. 本学園の業務の一部を外部に委託する場合、個人情報保護の観点から必要かつ適切な監督を行います。
  6. また、本学園では、すべての教職員に個人情報保護規程の遵守を徹底するとともに、今後とも個人情報保護に関する体制や取り組みについて適宜見直しを図り、必要な改善を実施してまいります。
  7. なお、卒業生及び保護者の皆様については、法令等を踏まえつつ、相互の親睦と交流及び学園の発展に資する範囲で、同窓会及び後援会等を通じて必要な情報の提供・交換を引続き行ってまいります。

2.個人情報の定義

本学園において「個人情報」とは、現在及び過去の本学園の学生・生徒・園児、教職員並びに本学園に関わるその他の方(保護者・保証人、入学志願者等)について、本学園が業務上取得又は作成した個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができる情報を含みます。)を言います。

3.桜美林大学における個人情報の取り扱い

桜美林大学(以下「本学」と言います。)では、収集した個人情報を教育・研究活動及び学生支援に必要な業務を遂行するために利用します。利用にあたっては、個人情報保護の重要性を十分に認識するとともに、適正な取り扱いを確保するため、個人情報の利用目的を以下のとおり定めます。利用目的を変更するときは、変更前の利用目的との関連性が合理的に認められる範囲であることを確認し、変更後の利用目的はすみやかに通知又は公表します。

4.個人情報の利用目的

4-1 学生の個人情報

①入学関係
  • 学籍情報を登録するため
  • 学生証を交付するため
  • その他入学に関する必要な手続き等をするため
②学修関係(本学からの依頼、連絡、通知等に限る)
  • 履修登録、履修相談、学修指導をするため
  • 教職課程等の登録をするため
  • 授業の運営、試験等を実施するため
  • 成績処理、単位認定、修了・卒業判定、諸資格判定をするため
  • 学位を授与するため
  • 海外留学、国内外の研修等のため
  • 研究活動を支援するため
  • その他必要な学修支援をするため
③学籍関係
  • 休学、復学、退学、除籍等の学籍異動の手続きをするため
  • 住所変更等、各種届出の手続きをするため
  • その他学籍に関する必要な手続き等をするため
④学生生活関係
  • 学生生活全般に関わる指導・助言をするため
  • 課外活動を支援するため
  • 定期健康診断、日常的な健康相談等の保健衛生のため
  • 奨学生の選考・継続・返還手続き等をするため
  • 学生教育研究災害傷害保険等の加入・請求手続きをするため
  • 学生寮等の厚生施設を管理・運営するため
  • 弔慰金、見舞金等を支給するため
  • その他必要な学生生活支援をするため
⑤進路関係
  • キャリア開発、キャリア形成を支援するため
  • 就職活動を支援するため
  • 進学を支援するため
  • インターンシップ・ボランティア等の手続きをするため
  • 資格の取得等を目的とした課外講座を運営するため
  • その他必要な進路支援をするため
⑥施設設備の利用関係
  • 図書館の利用のため
  • 学内ネットワーク環境、各種情報インフラ設備等の利用のため
  • 各種教育施設、研修施設、厚生施設、スポーツ施設等の利用のため
  • 各種用具・備品等の貸し出しをするため
  • その他施設設備の利用に関する必要な手続き等をするため
⑦その他
  • 学納金等を徴収するため
  • 各種連絡・通知をするため
  • 各種証明書を発行するため
  • 学則等に定められた賞罰を実施するため
  • 大学案内等の広報物を制作するため
  • 本学関係団体(桜美林学園同窓会、関連事業会社等)からの連絡、通知等 をするため(注)

4-2 保護者・保証人の個人情報

  • 学生の学修支援、生活支援等に必要な連絡をするため
  • 成績・履修記録通知表、学納金振込依頼書、広報誌等を送付するため
  • 桜美林大学後援会の要請に基づいて各種連絡・通知等をするため

4-3 卒業生の個人情報

  • 卒業・成績等の証明書の発行・送付のため
  • 行事案内等を送付するため
  • 各種連絡・通知等(本学関係団体を含む(注))をするため

4-4 入学志願者の個人情報

  • 大学案内、募集要項等を送付するため
  • オープンキャンパスの案内等、各種情報を提供するため
  • 入学者選抜試験を実施・運営するため

※注 本学園の関係団体(桜美林学園同窓会、関連事業会社等)が当該個人情報を利用する合理的な事由があり、かつ本学園の個人情報保護委員会が必要であると認めるときに限る。

5.「成績・履修記録通知表」の保護者・保証人への送付(学士課程)

本学では、保護者・保証人と連携した学修等の指導・助言が教育上有益であると考えています。保護者・保証人には成績が確定した時点で「成績・履修記録通知表」を送付し、学生の学修等の状況に関する問い合わせ、相談等に応じています。

6.個人情報の第三者提供

収集した個人情報は、利用目的以外の目的に利用することや、第三者に提供することはありません。ただし、以下の場合はこの限りではありません。

  1. 法令に基づいて利用し、又は提供するとき
  2. 本人の同意に基づいて利用し、又は提供するとき
  3. 個人の生命、身体又は財産の保全上緊急に利用又は提供する必要があるとき
  4. 本学園の業務又は教育・研究活動の健全な遂行に必要な範囲内であり、また本学園の内部で利用する場合であって、当該情報を利用することについて合理的な事由があるとき
  5. その他本学園の個人情報保護委員会が相当の事由があると認めるとき

7.取扱業務の委託

本学園が、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報の取り扱いを伴う業務の全部又は一部を第三者に委託するときは、個人情報の保護に関して受託者が遵守すべき義務等を明記した覚書等を締結し、当該情報の取り扱いが適正に行われるよう管理・監督します。

8.個人情報の開示請求

学生等は、自己の個人情報の開示を請求することができます。その場合、本人による文書での請求を原則とします。ただし、以下のいずれかに該当するときは、当該情報の全部又は一部を開示しないことがあります。具体的な手続きについては、開示を希望する個人情報を保有している部署の個人情報保護管理者、または後述の個人情報保護に関するお問い合わせ先に相談してください。

  1. 開示請求の対象となった個人情報に、請求者以外の個人情報が含まれているとき
  2. 開示請求の対象となった個人情報が、個人の指導、評価、診断、選考等に関するものであって、開示をすることにより、当該指導、評価、診断、選考等に支障を及ぼすおそれがあるとき
  3. 開示を行うことが、本学園の業務の正常な遂行を妨げるおそれがあるとき
  4. その他本学園の個人情報保護委員会が相当の事由があると認めるとき

9.個人情報の保護に関する体制

個人情報を取り扱う各部署に、原則として課長相当職以上の者を個人情報保護管理者として置き、所管部署が取り扱う個人情報の取扱基準等を定めています。また、全学的な組織である個人情報保護委員会を設置し、個人情報の保護に関する重要事項を審議することとしています。

個人情報保護に関するお問い合わせ

学校法人桜美林学園 総務部総務課
TEL : 042-797-1486
FAX : 042-797-1887
Email : privacy@obirin.ac.jp

ページトップ