キサイサ選手が個人1位、チームも過去最高の21位-箱根駅伝予選会

2017/10/16


キサイサ選手

陸上競技部駅伝チームが、10月14日に立川市で行われた「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」に出場し、12人の選手がそれぞれ20キロを走りました。 4回目の出場となる今回は、4年生2人、3年生3人、2年生4人、1年生3人と、初めて4学年そろったメンバーで挑み、ケニア人留学生のレダマ・キサイサさん(グローバル・コミュニケーション学群2年)が、見事個人1位となりました。上位10人の合計タイムは、10時間28分25秒で、昨年より約13分記録が伸び、出場49チーム中21位。


田部選手

レース終了後、武田一陸上競技部部長は「4回目にしてこれまでで最高の記録が出ました。キサイサ選手が個人1位という快挙を達成、田部選手も56位(60分46秒)でゴールしましたので、関東学生連合チームのメンバーに選ばれ、本学初の箱根駅伝を走る可能性があります。皆さん、雨の中応援ありがとうございました」と話しました。 続いて真也加ステファン駅伝監督は、「目標とした10位台には届きませんでしたが、選手たちはよくやったと思います。来年は15位を目指します。もっと強くなるように頑張りますので、これからも応援をお願いします」と来年の目標を宣言しました。

箱根駅伝予選会2017
クリックすると画像が変わります。

お問い合わせ

学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ