杏林大学との大学間単位互換締結式が行われました

2017/03/22


跡見裕杏林大学学長(左)と三谷学長

3月21日、杏林大学井の頭キャンパスにて「アドバンスト・プレイスメント」による大学間単位互換締結式が行われました。
「アドバンスト・プレイスメント」とは、大学で高校生が大学生とともに学び、大学入学後に単位として認定される制度で、初の大学間協定調印となりました。
これにより、杏林大学で受講し、単位認定された高校生が桜美林大学に入学した場合、その単位を本学で認定することが可能になります。(その逆も同様)

締結式では、本学三谷高康学長より「グローバル化された社会に巣立つ若者たちは外国語に精通していなければなりません。ただし、英語だけではなく、他の外国語や文化、それに加えて高い専門性のある科目を学ぶことも必要であるので、当プログラムで多くの高校生に機会が与えられることを望みます」と話しました。

お問い合わせ

桜美林大学 教育支援課
TEL : 042-797-9824

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ