野球部員11人が、コスタリカ共和国にて野球指導を行いました

2017/03/09

2月7日〜3月6日の1カ月間、中米にあるコスタリカ共和国にて、本学野球部11人が野球指導を行いました。
この活動は、JICA(国際協力機構)・桜美林大学連携ボランティア事業として行われているもので、昨年から始まり東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年まで5年間続くものです。今回は2回目の活動となりました。

現地では、野球協会に所属する子どもたちに指導を行った他、小学校を訪問してのベースボール型授業、親善試合なども実施しました。また、3泊4日でホームステイも経験し、異文化理解を深めることもできました。
今回の活動は、部活動をはじめ、授業、大学生活でこれまでに学んだことを、コスタリカの人々のために生かす絶好の機会、「学而事人(がくじじじん)」の実践となりました。
来年以降もさらに良い活動をしていきたいと考えています。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ