本学の復興支援プロジェクトが助成プログラムに採択

2015/04/15


被災地でのボランティア活動

本学SLC(サービス・ラーニング・センター)のプロジェクト「復興支援カフェ 〜被災地と東京をつなぐ学生たちの取り組み〜」が、住友商事による復興支援活動の助成プログラム「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム—活動・研究助成—2015年度」に採択されました。

SLCでは、二つの柱を中心とした復興支援を行ってきました。一つは、「復興支援ボランティア」。2011年の東日本大震災以来、被災地での復興支援活動への学生の参加支援を行い、2014年前期までの参加学生は525人となりました。


復興支援カフェ

もう一つは、学生団体サービス・ラーニング・センター・ボランティア(SLCV)による「復興支援カフェ」。「被災地を身近に感じてもらう」ことを目的に、キリスト教センターの協力のもと荊冠堂チャペル内に開設し、被災地の食材を使った手作りお菓子を提供しており、2012年から続けています。

今回プロジェクトを計画するにあたり、「復興支援ボランティア」と「復興支援カフェ」を引き続き活動の柱としました。また、これまでの活動での問題点として、被災地へ赴いた学生が、戻ってきてから活動の場を作ることができないという状況があります。

この問題点を改善すべく、被災地から戻ってきた学生が復興支援カフェで成果を発表するなどしてその活動に加わり、継続して復興支援に関わる機会を提供できるような仕組みを加えました。さらに、減少傾向のボランティア参加学生の増加、地域連携の強化を目標としています。このプロジェクトを通して学生たちの学びを深めるだけでなく、リーダーシップを育成するなど、学生たちの可能性を広げていきたいと考えています。

お問合せ

桜美林大学 基盤教育院 サービス・ラーニング・センター
TEL : 042-797-9217

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ