スタンフォード大学・桜美林大学協定記念レクチャーシリーズ第10回 12/7(月)

2015/11/13

「日本のサイエンス・フィクションのアニメやマンガにおいて、未来のヴィジョンは過去のものであるのか」

第二次世界大戦以降、日本のポピュラーカルチャーは未来の予見的なヴィジョンを物語の中で提示してきた。その物語は、技術の革新と技術進歩に伴う倫理的な副次的効果の考察の両方に影響を与えてきた。しかしながら、日本のSFにおける近年の傾向は、あり得る未来を構想し、探究することから離れている。1950年代から1990年代の戦後日本のSFは、しばしば幅広い哲学的な諸問題と関わり合い、示唆に富んだクィア的な要素を含んでいた。しかし、1990年代や2000年代の「セカイ系」や「空気系」のジャンルは、その未来的な設定にも関わらず、異性愛主義的ロマンスによる個人の救済についての小さなストーリーに集中していた。現在ではビデオ・ゲームからその構造を得ている物語が支配的な傾向にあり、そこでは未来のヴィジョンがリセット可能な円環(ループ)のなかで構造化されている。本発表は、『All You Need is Kill』『進撃の巨人』『GANTZ』そして『スカイ・クロラ』などの近年の作品を、それらが提示している私たちの現在的な不安や未来への希望(の欠如)に関するメッセージの観点から考察する。

日時2015年12月7日(月)16:10~17:40
場所町田キャンパス 崇貞館6階 H会議室
講師シャラリン・オルバー(ブリティッシュ・コロンビア大学アジア研究学部教授)
言語英語(通訳なし)、質疑応答は日本語可

略歴:シャラリン・オルバー
ブリティッシュ・コロンビア大学アジア研究学部教授。専門は近代日本文学、ポピュラーカルチャー研究。主な著作にPropaganda Performed: Kamishibai in Japan’s Fifteen Year War (2015)、 “Cult Film as Affective Technology in Oshii Mamoru’s Innocence” (2015)、 “Emotional Infectivity: The Japanese Cyborg and the Limits of the Human” (2008)、 “Future City Tokyo: 1909 and 2009” (2011)がある。

お問い合わせ

桜美林大学大学院
TEL : 042-797-0439
Email : g-school@obirin.ac.jp

イベント情報

2017
11/20

(一財)アジア・ユーラシア総合研究所 11月度活動11/20(月)、25(土)

アジア・ユーラシア総合研究所の11月度の活動は、以下の通りで…

2017
11/28

産業研究所第5回研究報告会 「中国の『美しい郷村建設』と農業産業化の進展」11/28(火)

桜美林大学産業研究所では学内外を問わず講師をお招きして、国内…

2017
11/29

小林玲子ゼミ オペラ「魔笛」ハイライト公演 11/29(水)

今回で10年目を迎える小林玲子ゼミ オペラ公演。…

2017
11/30

映画上映会「カンタ!ティモール」11/30(木)

日本の南五千キロにあるティモール島は、貴重な樹木や資源が豊か…

2017
12/09

クワイヤー クリスマスコンサート G. F. ヘンデル「メサイア」12/9(土)

桜美林大学クワイヤー恒例の「メサイア」公演、本年度は12月9…

2017
12/09

第7回留学生による日本語カラオケ大会12/9(土)

桜美林大学の留学生が出場するカラオケ大会を開催します。…

2017
12/15

公開講演会「脱原発と核兵器廃絶をめざして —私たちに何ができるのか」12/15(金)

リベラルアーツ学群の倫理学専攻は、NPO法人原子力資料情報室…

ページトップ