サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

プロフェッショナルアーツ

施設紹介

演劇専修の施設の紹介。

PRUNUS HALL(プルヌスホール)

桜美林大学PFC(プラネット淵野辺キャンパス)内に2003年開館。
ホールの管理・運営には学生も積極的に携わっています。

学生の実習やOPAPの発表の場であることはもちろん、『地域に開かれた劇場』、つまり『地域文化の中核を担う施設』として、市民参加企画やワークショップなどの自主事業、地元高校との共催事業などが行われています。

プルヌスホール パノラマ画像

プルヌスホール パノラマ画像

第2演劇スタジオ

町田キャンパス徳望館地下にある小劇場空間。
演劇専修の実習や講義のほかに、ゼミの発表会や卒業公演、学生団体の演目など年間30本前後が上演されます。

劇場備品である平台や箱馬は実習の中で学生が自分たちで作成。
例年春に行われるGALA OBIRIN(学生が主体の演劇祭)では、PRUNUS HALLと共に会場として利用されます。

ダンススタジオ(3103教室)

ダンスレッスンに特化した床構造で、膝や腰など身体への負担が軽くなるよう設計されています。
床から天井までの前方鏡張り。2方向の壁に設置されたバーはニューヨークのスタジオを参考にしており、近年の学生の体型に対応した標準よりやや高めの設置。

大きな窓からは自然光と共に豊かな樹々が目に入り、まるで森の中の合宿施設のような環境です。
講義で使用していない時間はダンスや演劇のレッスンの場として活用されており、ほとんど空いている時間帯がない人気教室。

ページトップ