サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

プロフェッショナルアーツ

社会福祉専修

新しい福祉をつくる知恵と力ある人材を育成

学習のポイント

  1. 「社会福祉士」国家資格取得を目標にソーシャルワークの理論と実践を学ぶ
  2. 高齢者・障がい者・子ども・低所得者などの相談援助に必要な総合的な力を習得
  3. 住環境や経営の視点から福祉を考えるオリジナル性に富んだカリキュラム

福祉とは、誰もが安心して自分らしく社会生活を送るための生涯にわたる援助です。現代社会では、一人ひとりの個性を正しくとらえ、その人らしい生き方ができる援助を行う必要があります。
本専修では福祉の総合的な知識や技術を身につけ、広い視野と自由な発想で、新しい福祉をつくり出す知恵や力の習得を目指しています。
1年次は社会福祉の現状と課題を考え、2年次以降は専門の科目を重点的に学んでいきます。社会福祉施設での現場実習もあり、実習前には1年間、実習に関する授業があります。本専修では今どんな福祉が求められているか、時代に適した解決策を探っています。また、社会福祉士国家資格取得にも力を入れており、2014年度の合格率は、過去最高でした。

主な科目

社会福祉原論/老人福祉論/障害者福祉論/地域福祉論/社会福祉援助技術論Ⅰ・Ⅱ/相談援助の基盤と専門職/相談援助現場実習指導Ⅰ~Ⅲ/介護概論/認知症ケア論/地域住環境論/福祉事業経営論/福祉施設経営論/医療ソーシャルワーク論/地域エンパワーメント方法論/福祉のための諸科学Ⅰ・Ⅱ など


資格取得

社会福祉専修で取得できる資格を紹介します。

関連施設

授業や演習で利用する関連施設を紹介します。

卒業生の進路

卒業生の就職実績を紹介します。

ページトップ