サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

リベラルアーツ

三つの方針

1.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学群は、学際的な幅広い教養を獲得し、問題に多角的なアプローチから対処できる能力を身につけた「自立した学習者」(Independent Learner)を育成することを基本理念とし、本学群の課程を修め、定められた期間在学すること、124単位を修得すること、通算GPAが1.5以上であること、33の専攻プログラムのうち最低1つのメジャー修了要件を満たすことなどを卒業要件としています。
この基本理念を実現するため、本学群では以下に記載した項目の能力・資質を高め、それらを総合的に活用できる者に対し、卒業を認定し学位を授与します。また、この「卒業認定・学位授与の方針」は、「教育課程編成・実施の方針」において具現化されており、本学群の学びは全て学園の行動指針である「学而事人(がくじじじん)(学びて人に仕える)」に結びつくようになっています。

(1)専攻する各分野における知識・理解
専攻する分野における基本的な知識を体系的に理解するとともに、その専攻の知識体系を他の分野と関連づけて理解することができる。

(2)コミュニケーション能力
本学群で学ぶ知識を踏まえながら、自分の思いや考えを的確に表現することができるようになるとともに、社会生活を営む上で必要な他者を思いやる豊かな人間性を身につけ、諸外国(異文化)への理解を深めることによって、他者の意見や考え方を尊重しながら意見を交わし、しっかりとしたコミュニケーションができる。

(3)数量的スキル
それぞれの専門分野における自然現象や社会現象を、普遍的な尺度や数量的指標などを用いた数理的な手法を適用して分析し、理解し、表現することができる。

(4)情報リテラシー
情報通信技術を用いて多種多様な情報を収集・分析して適正に判断し、モラルに則って効果的に活用することができる。

(5)論理的思考能力
情報を収集・分析した結果を複眼的、論理的に表現できる力を備えることができる。客観的・批判的・分析的能力、解決思考・コミュニケーション能力を備えることにより、論理的思考能力を高めることができる。

(6)問題発見・解決能力
学修や活動等へ主体的に取り組む際、自身の行動についての問題や課題を常に意識して発見する能力を養うことと、その問題や課題について何をどうすれば解決に導くことができるのかを考え、そのアイディアを実践する力を高めることができる。

(7)自己管理能力と社会的倫理観
本学群での学びを単なる座学に終わらせず、学園の行動指針である「学而事人(がくじじじん)」を実践するために、社会における自分の役割を自覚し、社会の発展に積極的に関わることができる。また、社会の規範やルールに従い自らを律して行動できる。

(8)生涯学習力
本学群で身につけた様々な能力を活用して、卒業後も生涯を通して自立的に学び、自己を研鑽していくことができる。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

(2017年度版/2017年9月18日更新)

本学群は、「卒業認定・学位授与の方針」に掲げた学修成果を得るために、以下の取組みを実施しています。具体的には、教育課程は「基礎教育科目」、「専攻科目」及び「自由選択」の3つの区分に編成し、科目は講義、演習、実験、実習、実技といった授業方法を組み合わせて開講しています。また、カリキュラムの体系化のために「ナンバリング(科目ごとの関連性や難易度を示す)」を行い、科目の構造を明示し体系的な学修に役立つようにしています。なお、このような教育課程の編成、学修方法・学修過程、ならびに学修成果の評価の在り方については、以下のように定めています。

(1)教育課程の編成
①「基礎教育科目」は、本学群生として「卒業認定・学位授与の方針」に則った学修成果をあげるための基礎知識と技能を身につけるための科目です。カリキュラム内容は「コア科目」「外国語科目」「キリスト教理解」「LA基礎」に分かれます。「コア科目」では、英語コア科目、キリスト教科目、口語表現、文章表現、コンピュータなどを中心に、学園の建学の精神をはじめとする教育目標を具現化するための知識とスキルを修得します。「LA基礎」の「アカデミックリテラシー」の「リベラルアーツセミナー」では、本学群の学びについての理解を深め、インデペンデント・ラーナーとしての自覚を持つとともに、大学での学びのために必要な知識と学修スキルを修得します。「学問基礎」では、専攻科目の学問領域に関する基礎知識を学ぶとともに、各学問領域の魅力や多角的アプローチの重要性を学びます。

②「専攻科目」は、基礎教育で得た知識・技能を元に専門的な知識をさらに高めるために用意された科目です。本学群では、人文科学、社会科学、自然科学という3つの学問分野からなる幅広い領域を網羅した科目が用意されています。その科目の中から高い専門性を修得するために、以下の多様な33専攻プログラムが提供されています。英語学・英文学、中国言語文化、日本語日本文学、日本語教育、言語学、コミュニケーション学、現代・世界文学、キリスト教学、宗教学、哲学、倫理学、文化人類学、アメリカ地域研究、アジア地域研究、日本地域研究、歴史学、国際関係、国際協力、社会学、心理学、教育学(教職教育)、国際経済、ビジネスエコノミクス、公共政策、数学、物理学、化学、生物学、地球科学、情報科学、環境学、メディア(ジャーナリズム)、博物館学です。学生はこれらの専攻プログラムの中から、2年次に自由にメジャーを選択して各自の専門を高める学びを進めます。さらに専攻プログラムからマイナーも選択することが可能です。このように本学群の「専攻科目」は、幅広い学びを通した多角的視野の育成と判断力の養成を可能にしています。

③「自由選択」は、学生の多様な関心や目的を達成するために学生が自ら計画し、基礎教育科目や専攻科目をさらに学修したり、学内外の授業科目の中から選択履修したりすることができるようになっています。他学群の専攻科目や他大学(海外留学、単位互換協定校、放送大学、首都圏西部大学単位互換協定会加盟校など)の科目を修得することで、自身の知識の幅を広げることが可能になります。

(2)学修方法・学修過程
①「基礎教育科目」は、主として1~2年次に履修し、大学での学びのための基礎的な知識とスキルを修得します。特に学問基礎の主題別科目群においては人間理解、社会理解、自然理解の3分野の授業が用意され、リベラルアーツとして学んでおくべき幅広い基礎知識を学修するだけではなく、多角的視野の育成を目標にした多くの授業の履修を通し、幅広さと複眼的視野の育成が計画されています。さらに、「実践科目群」では地域社会参加、国際理解教育などのサービス・ラーニング科目が実施され、フィールドでの授業を併せ持った学修環境が提供されています。これらの導入教育を通じて、幅広い基礎知識を身につけると共に、専攻プログラムを選択することで自らの専門性を高めるための情報と理解力を得ることができます。

②外国語教育は、「基礎教育科目」内に位置づけられ、幅広い知識とスキルを身につける一環として用意されています。これは「語学を身につけた国際人の育成」という学園の建学の精神の実践から、17言語もの外国語を選ぶことができます。中でも、世界共通語となっている英語に力を注いでおり、日本語を母語とする学生は全員が入学当初よりプレースメントテストなどによって、習熟度別に編成されたクラスで段階を踏んで学修することができます。

③「専攻科目」は、リベラルアーツ学群の教育の中枢をなすものであり、人文科学、社会科学、自然科学の三つの学問分野に広がる33の専攻プログラムから構成されています。各専攻プログラムはその分野の専門性を高めるための多くの科目から構成され、必修科目や選択必修科目が指定されています。決められた単位数(32~36)以上を修得すれば、卒業要件の一つであるメジャー認定を受けることができます。学生は自由にメジャーを選択することが可能であり、2年次秋学期に登録します。また、上記の33専攻プログラムにマイナープログラムも用意されています。マイナーは指定された科目を20単位以上修得すれば、認定されます。さらに学生は、それぞれ複数の専攻プログラムをメジャー及びマイナーとして、自由に選ぶことができます。リベラルアーツ教育の特長である幅広い知識と多角的視野を育成するためにも、学生にはメジャーとマイナーの組み合わせ、あるいはダブルメジャーでの学びが推奨されています。

④本学では、「アドバイザー制度」がもうけられ、学生一人ひとりの学修計画や履修登録に関する相談等をアドバイザーが担当しています。アドバイザーは各学年15人前後の学生を卒業まで継続して指導することが原則となっています。アドバイジングの内容は、学生自身の学修状況の確認や科目履修に関する学修指導等のアカデミックな内容が中心となります。また、教育支援事務による履修・学修相談も随時行われ、教職員が互いに連携した学修支援体制を整えています。

⑤本学群で教育課程の編成や実施方法を可視化するためのカリキュラム・マップ(ディプロマ・ポリシーが科目ごとにどのように育成しているのかを表形式にて表したもの)を用い、学生がどの科目を学修すれば「卒業認定・学位授与の方針」に掲げた項目の能力・資質を高めることが可能となるのかを把握できるようにしています。また、リベラルアーツ学群として学生が身につけたい能力や知識の育成のために、「履修モデル集」を作成して公開しています。この「履修モデル集」では、各専攻プログラムがそれぞれの領域に応じて、目標とする能力や知識を実現するために履修を推奨する科目群が明示される形式となっています。学生は、このモデル集を参考にして履修計画を作成することにより、効率的な学修が可能となります。

(3)学修成果の評価の在り方
①学修成果とは、カリキュラム・マップ等により示された目標に関して履修者はどの程度到達したのかを示すものです。したがって学修成果は科目それぞれで設定されています。

②学修成果の評価方法は、科目ごとのシラバスにおいて具体的に示されています。また、ルーブリック評価などを取り入れることによって、成績評価を分かりやすく可視化し、厳格に評価します。

 

専攻別カリキュラム・ポリシー

専攻別カリキュラム・マップ

 

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学群は、学際的な幅広い教養を獲得し、問題に多角的なアプローチから対処できる能力を身につけた「自立した学習者」(Independent Learner)を育成していきます。
そのため、本学群の学びでは、人文学、社会科学、自然科学の幅広い学問に触れることからはじまります。
加えて、留学やサービス・ラーニングなどの体験を通して、自らが深い興味関心を抱いた事柄や、関わりを持ったコミュニティや社会の課題と向き合い専門性を身につけていきます。
これは、未来を予測することが困難な時代の中で、生き抜くためには、自己自立や他者との協働を図るための主体的な力、グローバル化にともない多様な価値を認める寛容さが求められているからです。

【求める学生像】
本学群では、この教育システムに共感し、学群での学修や経験を通して、成長を望み、これからの時代に自らの学びと経験を以て、貢献しようとする人たちを国や地域を問わず求めます。
また、ここでの学びをはじめようとする人たちには、以下の素養を身につけておくことを求め、各選抜において、その資質をはかります。

(1)高等学校までに身につけておくべき基礎学力を有する者
(2)自ら進んで学ぶ強い意欲と自立心を有する者
(3)広い分野の基礎的学力と専門分野への強い関心を有する者
(4)新しい分野への探求心と新たな体験へ挑戦する意欲を有する者
(5)建学の理念を理解し、他者に奉仕し、ともに向上する意欲を有する者

【入学者選抜の基本方針】
選抜方法は、学群の特性も踏まえ、多様な入学者選抜制度を駆使して多角的に評価します。詳細については、桜美林大学の「入学者選抜の基本方針」を参照してください。

ページトップ