サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

リベラルアーツ

日本語教育専攻プログラム

相互理解のベースは「ことば」 日本語のスペシャリストを養成

学習のポイント

  1. 日本語の仕組みや言語活動の特徴などを学び、言語に関する知識を養う
  2. 学内教壇実習、海外教壇実習で日本教育における実践力を養う
  3. 多様な文化を学び、相互理解の手立てを身につける

日本と海外との人の行き来が増えるにつれ、日本語を学ぶ人の数も増え続けています。本専攻では、多様化した日本語の学習目的に対応する手助けができるよう、日本語の仕組み、日本語の教育方法、日本語教育事情、異文化理解などについて学び、日本語を通して多文化共生社会に貢献できる人材の育成を目的としています。
将来、国内外で日本語教育やそれに関連する仕事に携わりたいと思っている人、あるいは日本語や日本語教育を研究したいと思っている人は、基盤となる知識と技能を習得することができます。国際的な場で働きたい人にとっても、自らの言語・文化と共にほかの言語・文化を理解するための力を養うことのできるプログラムです。

主な科目

日本語教育学 A・B
言語習得法
日本語教育文法
日本語教授法
日本語の評価法
日本語教材開発
日本語教育実習
年少者日本語教育
多言語交流演習
日本語の表現
日本語の文法
日中対照言語学
言語データ分析 など

ページトップ