サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

リベラルアーツ

環境学専攻プログラム

環境問題をあらゆる学問分野からとらえ総合的かつ実践的に考え解決を目指す

学習のポイント

  1. 理系・文系を問わず、基礎から応用まで、社会・人文・自然化学を総合的に学ぶ
  2. 専攻演習では現場に立って環境問題を考え、体験や実践を通じて自ら行動する力を養う
  3. ECO-TOPプログラムを修了することで東京都の認定資格が取得できる

21 世紀は「環境の世紀」といわれており、地球温暖化や生物多様性の劣化など、人類の生存基盤に関する問題にすべての人が取り組まねばなりません。環境学はそれらの解決を目指す実際的な学問で、「総合の学」と位置づけられるため、最もリベラルアーツ学群にふさわしい学問といえます。「机上の学問だけでは駄目」で自ら判断し行動する力が必要です。「専攻演習」では、フィールド調査や環境問題の現場訪問などの機会を設けるなど、学びの中で「持続可能な社会」を見据えた、しなやかな思考を養います。将来はエネルギー産業や環境コンサルタントなどの環境ビジネスや、省資源・省エネに貢献する製造業やサービス業、官公庁などでの環境部門担当者や環境関連会社の調査担当者として活躍できる人材を育成します。

主な科目

環境と文明
文系のための環境科学
エネルギーと環境
人間環境学
環境リスク論
環境倫理学
環境法学
環境とまちづくり
社会環境調査法
自然環境調査法
環境経済論
食品安全論
感覚公害論 など

ページトップ