サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

リベラルアーツ

宗教学専攻プログラム

問い続け、戸惑い、苦悩しながら「考える力」を身につける

学習のポイント

  1. 宗教学の出発点である「祈りの姿勢」について追及する
  2. 人はなぜ生き、死んでいくのか、死んだらどこへ行くのか、模索しながら人生観・世界観を養っていく
  3. 宗教多元主義などを学びながら、さまざまな宗教的問題に取り組む

暦の中で、例えば七五三、 成人式、お盆、クリスマス、お正月など、宗教は生活の中に根を下ろしています。このように多様化している宗教現象をつぶさに観察し、その意義と本質を探究します。具体的には、多文化・多宗教の共生、多宗教間の対話と交流の実態などに焦点を絞りながら研究を進めていきます。
本専攻では、他者の宗教的経験・信念・洞察から学び、尊び、より良い自己への改革を目指して、他者に対する寛容なる宗教的精神を身につけることを目的とします。従来の宗教理解ではなく、新しくて「多元的な」宗教理解を探究するのが本専攻の教育目的です。

主な科目

宗教学概論
宗教人類学
宗教心理学
日本の宗教
中国思想史
仏教文化論
文化地理学
宗教と教育
宗教学の諸問題
宗教学研究特論
一神教研究 など

ページトップ