サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

桜美林の教育

GPA制度

欧米の大学などで一般的に用いられ、近年日本の大学でも広がっている成績評価方式「GPA」(Grade Point Average)を本学ではいち早く導入しています。
GPAは成績を数値化するため、学習成果を客観的に把握でき、アカデミック・アドバイザーはこれを用いて学生の履修指導を行います。前学期のGPAにより次学期に履修登録できる単位数の上限は変動します。これにより学生は、学習の意欲を高めることができます。
GPAは卒業要件に組み入れられており、入学時から卒業までの通算GPAが3.5以上の学生は、卒業時に成績優秀者として表彰されます。また、アメリカなどの大学・大学院に留学する際の学力指標としても採用されています。

GPA算出例

GPA算出方法
成績は、「A」「B」「C」「D」「F」の5段階評価。「F」は不合格です。「A」から順に、4.0、3.0、2.0、1.0のグレードポイントがつきます。修得した授業科目の単位数に、成績に応じたグレードポイントを乗じ、その合計を履修登録単位数の合計で除して算出します。

ページトップ