キサイサ選手優勝! 日本学生陸上競技対校選手権(5000m)

2017/09/11


(写真提供:日本学連)

9月8日から10日まで福井県福井運動公園陸上競技場で行われた日本学生陸上競技対校選手権(日本インカレ)第2日(9日)の男子5000m決勝で、本学のレダマ・キサイサ選手(グローバル・コミュニケーション学群・2年)が、13分35秒19の好記録で優勝しました。
キサイサさんはケニアからの留学生で、昨年10月に初出場した箱根駅伝予選会でも全体で2位に入るなど、本学陸上競技部駅伝チームのエース的存在。桜美林の選手が日本インカレで優勝したのは初めての快挙です。


(写真提供:日本学連)

「初めての日本インカレで優勝できて嬉しい。箱根駅伝の予選会では良い走りをして、チームを箱根へ導きたい」と決意を新たにしました。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

坂田ゼミ 相模原警察署より感謝状

2017/09/21

9月20日(水)相模原警察署が来校し、坂田淳一ゼミ(ビジネスマネジメント学群)に…

続きを読む

渡邉康洋ゼミ所属の学生チームが「大学生まちづくりコンテスト」で最高賞受賞

2017/09/20

9月12日(火)、川崎市高津区の高津市民館大ホールで、「大学生観光まちづくりコン…

続きを読む

2017年度秋学期入学式

2017/09/16

9月16日(土)、町田キャンパス荊冠堂チャペルで、2017年度秋学期入学式が、キ…

続きを読む

ページトップ