キサイサ選手優勝! 日本学生陸上競技対校選手権(5000m)

2017/09/11


(写真提供:日本学連)

9月8日から10日まで福井県福井運動公園陸上競技場で行われた日本学生陸上競技対校選手権(日本インカレ)第2日(9日)の男子5000m決勝で、本学のレダマ・キサイサ選手(グローバル・コミュニケーション学群・2年)が、13分35秒19の好記録で優勝しました。
キサイサさんはケニアからの留学生で、昨年10月に初出場した箱根駅伝予選会でも全体で2位に入るなど、本学陸上競技部駅伝チームのエース的存在。桜美林の選手が日本インカレで優勝したのは初めての快挙です。


(写真提供:日本学連)

「初めての日本インカレで優勝できて嬉しい。箱根駅伝の予選会では良い走りをして、チームを箱根へ導きたい」と決意を新たにしました。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ