華中師範大学の学生がアメフト部を見学

2017/06/22

6月21日、中国武漢の華中師範大学の学生18人が本学を訪れ、アメリカンフットボール部を見学しました。華中師範大学は、中国の重点大学に指定されている権威ある学校で、今回は体育学部の学生が知識向上のために日本の大学3校を訪問。各大学にて中国では体験したことのないアメフト、相撲、弓道、障害者スポーツを見学・体験しました。

本学では、アメフト部部員の指導で「フラッグフットボール」に初挑戦!「フラッグフットボール」は、タックルの代わりにプレーヤーの腰に付けたフラッグを取るスポーツで、初めての体験に一同大興奮でした。

参加者は「中国の大学は一クラスの人数が50人以上と多く、今回のように少人数で実技を学ぶことができません。校名も設備もきれいな桜美林で、体験したことがないスポーツに触れることができ、とても楽しく良い経験になりました」と感想を述べました。

なお、中国においてアメフトはマイナースポーツですが、本学アメフト部では中国人留学生も1人所属し、練習に励んでいます。

お問い合わせ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ