新スクールバス 奉献式

2015/09/25

 9月24日(木)町田キャンパスにて、新しく納車された2台のスクールバスの安全運行を祈る奉献式が執り行われました。式には佐藤理事長、三谷大学学長、大越中学高校校長をはじめ桜美林学園関係者、バスの製造・販売元である東京日野自動車株式会社から関口マネージャー、橋口課長、そして管理と運行を担当する株式会社ナルドの秋山社長など20数名が列席。土橋チャプレンによる司式で讃美歌斉唱、聖書朗読に続き、紅白のワインを車体に注いで奉献の祝福をし、快適で安全な運行を祈りました。

 新車両の窓には、低透過性ガラスが使用されており、夏場の冷房効率が良くなるとともに、カーテンがなくても遮光効果が高いのが特長です。

*この2台の導入に際し、長年の役目を終えたスクールバス2台が退役しており、学園の保有するスクールバス台数は14台で変わりありません。

お問合せ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ