サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

プロフェッショナルアーツ

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

グローバル・コミュニケーション学群では、本学の教育目標に基づく人材養成の目的を達成するために、次のように教育課程を編成し、教育を行っていきます。

基礎教育科目

外国語によるコミュニケーションに必要な総合的理解力や外国語修得方法、世界情勢の全体動向の把握、リーダーシップやイノベーションマインドの養成、論理的思考力の養成、数学的能力の錬成等の各導入科目を通じて、専門分野を学ぶための知識を身につけていきます。
また、学群共通科目として、言語の起源や第一・第二言語の修得方法等、言語に関する知識、心理と言語の関係、国内外の企業や団体等における就業体験、コミュニケーション研究の立場に基づくリーダーシップの理論と実践等に関わる幅広い科目を配置しています。

専攻科目

留学を前提とした徹底した語学教育により、外国での大学教育にも十分対応できる能力を身につける「語学技能科目」および英語と中国語による授業を展開する「グローバル・スタディーズ科目」で構成しています(日本語特別専修の学生については日本語による授業)。
語学技能科目は、「英語コミュニケーション科目群」「中国語コミュニケーション科目群」「日本語コミュニケーション科目群」の三つの科目群に分かれており、母語以外を選択し、集中的に学びます。グローバル・スタディーズ科目は、「日本文化系科目群」「グローバル社会系科目群」の二つに分け、日本の文化や歴史・思想、世界経済、国際政治、ジェンダー等に関する科目を配置しています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

グローバル・コミュニケーション学群では、以下の要件を満たす学生に対し「学士(グローバル・コミュニケーション)」を授与します。

  • 国際社会における自分の役割を自覚し、積極的に学び続けることができる。
  • 高い実用レベルでの外国語能力とグローバル社会で通用するコミュニケーション能力を修得している。
  • 国際社会における諸課題を発見し、自らの解決策を立案するとともに、主体性をもったリーダーシップやイノベーションを発揮することができる。
  • キリスト教精神に基づいた教養豊かな識見の高い国際的人材として、「学而事人(学びて人に仕える)」を実践することができる。

ページトップ