桜美林大学東京ひなたやまキャンパス芸術文化学群2020年春OPEN

新しいキャンパスで、新しい芸術文化学群が始まります。

桜
イメージ図 イメージ図

町田市本町田の旧市立本町田中学校と本町田西小学校の跡地を市から借り受け、延べ約2.2万平方メートル(敷地約3.2万平方メートル)の新キャンパスを2020年4月に開設。現在町田キャンパス(常盤町)にある芸術文化学群を移転します。教室棟、スタジオ棟、音楽棟など、用途に合わせた5つの建物で構成され、2021年4月には劇場、音楽ホール、ギャラリー棟も整備。近隣地域と共生しながら、芸術創造や交流、発信の拠点を目指します。

学べること 演劇/ダンス/声楽/器楽/作曲/音楽音響プログラミング/ミュージカル/ファインアート/デザイン/映像作成 など 学べること 演劇/ダンス/声楽/器楽/作曲/音楽音響プログラミング/ミュージカル/ファインアート/デザイン/映像作成 など

東京ひなたやまキャンパス3つの特色 東京ひなたやまキャンパス3つの特色

1.カリキュラムと施設の充実

さらに専門的な学修を可能に

イメージ図

学生数の増加と新キャンパス移転に伴い、カリキュラムや施設もさらに充実します。新キャンパスでは、芸術文化学群独自の一般教養科目や英語で専門領域を学ぶ科目などが開講されます。これまでにない施設として、音楽専修の音響制作室や録音コントロールルーム、またビジュアル・アーツ専修の映像スタジオ、工房が設置されます。工房には大型の工作機械が導入され、ダイナミックな作品制作が可能となります。

イメージ図 イメージ図

学生広場を中心に、東西に伸びやかに広がる3階建ての校舎を配置。屋外や屋上にはオープンスペースを確保し、ラーニングコモンズがキャンパスの各所に用意されます。さまざまな芸術活動が交差する、アートの空気に満ちた学びの場が誕生します。

学生がつくるキャンパス

芸術祭を開催したい!

移転後の芸術文化学群が新たに目指すのは、学群を挙げて取り組む芸術祭の開催。日々の練習や学びの成果を披露する場として、大学祭とは一味違った“アートの祭典”を目指しています。また劇場、音楽ホール、ギャラリー棟以外にもラ一二ングコモンズや屋内外のフリースペースを活用し、日頃から学生がパフォーマンスや作品を発表できる場を設けます。

地域との連携

地域とともにアートの可能性を考える 地域とともにアートの可能性を考える

「山崎団地」と「木曽団地」に隣接する立地を生かし、地域と連携した新たな取り組みが計画されています。芸術文化研究所(仮称)を新設して芸術と人間、芸術と地域社会の関わりを探求したり、一般市民が参加できる講座やワークショップの企画など。また、芸術関連の専門書を所蔵する図書室も一般公開し、地域の人もアートの拠点として利用できる開かれたキャンパスを目指します。

キャンパス概要 キャンパス概要

施設概要

所在地
東京都町田市本町田2591-3、2596-2
敷地面積
31,550㎡
延床面積
第1期工事 18,953.83㎡ 第2期工事 2,852.34㎡(予定) 合計 21,806.17㎡(予定)
構造
鉄筋コンクリート造、鉄骨造
アクセス
JR横浜線、小田急小田原線「町田駅」バス乗り場より神奈中バスにて「山崎団地行」または「山崎団地センター行」で約20分「山崎団地センター」下車。
「山崎団地センター」バス停より徒歩3分。

新しい劇場、音楽ホール、ギャラリー棟も!

工期は2期に分かれ、2期工事では劇場、音楽ホール、ギャラリー棟がオープンします。劇場は現代劇に加えて京劇や狂言などの古典芸能もできるように設備を拡充。新しいパイプオルガンを導入する音楽ホールは、演奏発表やオーケストラの練習など多目的に活用できます。またギャラリー棟はビジュアル・アーツ専修のゼミ展や卒業制作展に活用されます。

イメージ図

2019.6 現在の状況

スケジュール(予定)

スケジュール図
TOPへ