日米大学野球・開幕戦、本学の佐々木投手が圧巻の12奪三振で勝利

2016/07/13


©getty images/Samurai Japan

7月12日に開幕した第40回日米大学野球選手権大会・初戦に先発した桜美林大学の佐々木千隼投手が圧巻のピッチングを披露。7回を投げてアメリカ打線から12個の三振を奪い、日本代表(正式名:侍ジャパン大学日本代表)の勝利に大きく貢献しました。
 本学野球部から初めて日本代表入りした佐々木さんは、日米15球団のプロ・スカウトも視察するなか、自己最速を更新する153キロの速球とキレの良いシンカーやフォークなどの変化球が素晴らしく、7回を3安打1失点と好投しました。試合は5回に2点を入れて逆転した日本が2-1で勝利。試合後、佐々木さんは「大事な初戦の先発で大きな責任を感じていました。侍ジャパンに勢いを与える投球ができて良かった」と語りました。


関連リンク

お問い合わせ

学校法人桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

2017年度O.A.C.U.総会開催

2017/12/15

12月14日(木)、O.A.C.U.*総会が荊冠堂チャペルにて開催されました。会…

続きを読む

アメリカンフットボール部、入替戦プロモーション映像を制作

2017/12/12

今週土曜日に明治大学と入替戦を戦うアメリカンフットボール部がプロモーション映像を…

続きを読む

オランダ大使館で「フローラルアートデザイナーコース」などの修了証書授与式が実施されました

2017/12/08

12月7日、世界でも随一のノウハウを有しているオランダ式のフラワーアレンジメント…

続きを読む

ページトップ