学而館壁面に「学而事人」の大サインを設置

2016/05/06

大型連休中に本学・学而館の町田街道側壁面に「学而事人」の大サインが設置されました。今年は桜美林大学創立50周年という節目の年であり、5年後の2021年には学園創立100周年を迎える桜美林学園は、時代や社会の変化に適切に対応していくため、第2次中期目標を策定し、全教職員が方向性を共有して学園のミッションである「キリスト教精神に基づく国際人の育成」に努めています。

「学而事人(がくじじじん)」という言葉は学園創立者・清水安三先生が唱えたもので、「学びて人に事える(つかえる=仕える)」を意味しています。これは「学問のために学問をするのではない」、「自己の教養のために学問するのでもない」、「学んだことを人のため、社会のために活かす」という精神です。
桜美林学園のモットーであるこの言葉をあらためて広く周知するため、清水先生の直筆書体で制作された大サインが輝きはじめました。

お問い合わせ

学校法人桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

2017年度O.A.C.U.総会開催

2017/12/15

12月14日(木)、O.A.C.U.*総会が荊冠堂チャペルにて開催されました。会…

続きを読む

ビジネスマネジメント学群の早川敬さんが国家試験「公認会計士試験」に合格しました

2017/12/15

11月17日に発表された国家試験「公認会計士試験」の合格者リストに、本学の早川敬…

続きを読む

アメリカンフットボール部、入替戦プロモーション映像を制作

2017/12/12

今週土曜日に明治大学と入替戦を戦うアメリカンフットボール部がプロモーション映像を…

続きを読む

ページトップ