新スクールバス 奉献式

2015/09/25

 9月24日(木)町田キャンパスにて、新しく納車された2台のスクールバスの安全運行を祈る奉献式が執り行われました。式には佐藤理事長、三谷大学学長、大越中学高校校長をはじめ桜美林学園関係者、バスの製造・販売元である東京日野自動車株式会社から関口マネージャー、橋口課長、そして管理と運行を担当する株式会社ナルドの秋山社長など20数名が列席。土橋チャプレンによる司式で讃美歌斉唱、聖書朗読に続き、紅白のワインを車体に注いで奉献の祝福をし、快適で安全な運行を祈りました。

 新車両の窓には、低透過性ガラスが使用されており、夏場の冷房効率が良くなるとともに、カーテンがなくても遮光効果が高いのが特長です。

*この2台の導入に際し、長年の役目を終えたスクールバス2台が退役しており、学園の保有するスクールバス台数は14台で変わりありません。

お問合せ

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

アメリカンフットボール部、入替戦プロモーション映像を制作

2017/12/12

今週土曜日に明治大学と入替戦を戦うアメリカンフットボール部がプロモーション映像を…

続きを読む

オランダ大使館で「フローラルアートデザイナーコース」などの修了証書授与式が実施されました

2017/12/08

12月7日、世界でも随一のノウハウを有しているオランダ式のフラワーアレンジメント…

続きを読む

ページトップ