エラスムス・ムンドゥスの国際高等教育研究のオスロ大学大学院生が三谷学長を表敬訪問

2013/07/17

エラスムス・ムンドゥス(Erasmus Mundus)のプログラムを受講中のオスロ大学(ノルウェー)の大学院生4人がキャンパスに滞在中です。
このプログラムは、本学大学院大学アドミニストレーション研究科にて4週間にわたり、本学の3人の教授が行う国際高等教育の特別授業です。
7月12日、「日本の私立高等教育研究」(田中義郎教授)の特別授業の中で、三谷高康学長を表敬訪問するとともに、桜美林大学の教育、日本の私立大学事情について歓談しました。
学生は、ヨーロッパの大学との違いに戸惑いながらも、私学が活躍する日本の状況に大いに研究意識を高められたようでした。

エラスムス・ムンドゥスのプログラムは、欧州の高等教育機関の質を高めることを目的とした、高等教育分野における教育機関の連携と、学生・学者の交流を促進するための計画です。桜美林大学大学院は、2004年からオスロ大学を拠点とするプログラムに参加しています。同計画は、EU(欧州連合)とEU域外諸国との協力を通じて、人と人、また異文化間の対話と相互理解を促進します。


【写真右から】田中教授、山崎総合研究機構助手、エヴジェニア・ボグンさん(オスロ大学、ウクライナ出身)、三谷学長、章さん(桜美林大学、中国出身)、ナルギザ・サタロヴァさん(オスロ大学、ウズベキスタン出身)、ラシェル・エステルヘジさん(オスロ大学、ドイツ出身)、モハメド・カウザーさん(オスロ大学、バングラデシュ出身)

お問い合わせ

入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

アメリカンフットボール部、入替戦プロモーション映像を制作

2017/12/12

今週土曜日に明治大学と入替戦を戦うアメリカンフットボール部がプロモーション映像を…

続きを読む

オランダ大使館で「フローラルアートデザイナーコース」などの修了証書授与式が実施されました

2017/12/08

12月7日、世界でも随一のノウハウを有しているオランダ式のフラワーアレンジメント…

続きを読む

ページトップ