弓道部男子 、王座決定戦で初優勝!

2013/11/25


表彰式

学生弓道の最高峰を競う第61回全日本学生弓道王座決定戦(通称:王座)が、11/22(金)、23(土)の2日間にわたって伊勢神宮で開催され、弓道部男子が優勝しました。

試合は全国から集まった強豪校10大学によりトーナメント方式で競われました。1回戦は東海大学、準決勝戦は立命館大学に順調に勝ち進んだ本学が、決勝戦の対戦相手となったのは、東北地区代表の東日本国際大学(福島県)。全160射のうち、桜美林大144中、東日本国際大が137中で、全国の頂点に立ちました。

石山佳彦監督は、「創部43年目にして、男子の王座初優勝です。本当によくやってくれました。最高の年です」とコメント。長澤駿祐主将(健康福祉学群4年)は「王座での優勝を目標にしてきたので、感無量です。ただ目指していた的中数に、今一歩及ばず残念です。来年の(王座の出場権が得られる)リーグ戦では、後輩たちに今年以上の成績を出してほしいです」と、思いを語りました。

なお、最優秀選手には大塚大輔さん(健康福祉学群3年)、優秀選手には長澤駿祐主将(健康福祉学群4年)、内藤 歩さん(リベラルアーツ学群2年)が選ばれました。


決勝戦の様子。長澤駿祐主将は、左から2番目。

お問合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

アメリカンフットボール部、入替戦プロモーション映像を制作

2017/12/12

今週土曜日に明治大学と入替戦を戦うアメリカンフットボール部がプロモーション映像を…

続きを読む

オランダ大使館で「フローラルアートデザイナーコース」などの修了証書授与式が実施されました

2017/12/08

12月7日、世界でも随一のノウハウを有しているオランダ式のフラワーアレンジメント…

続きを読む

ページトップ