東日本大震災が問いかけるもの:今、原子力発電を問う —技術から見た脱原発の可能性— 12/18(水)

2013/12/05

桜美林大学国際学研究所は、「東日本大震災が問いかけるもの:今、原子力発電を問う —技術から見た脱原発の可能性— 」をテーマに、講演会を開催します。

これまで原発問題は政治、経済、医学、環境、哲学、思想等、様々な視点から論議されてきました。しかし、技術の視点からの検討があまりされていません。

脱原発には、代替エネルギー技術や大容量蓄電技術などの新たなエネルギー技術と原子炉の解体技術や放射性廃棄物の処理技術など新たに廃炉技術を確立していかなければなりません。

前者の新エネルギー技術開発には、これまでオイルショックを契機に始まったサンシャイン計画やムーンライト計画などに巨費が投じられましたが、成果がないままに今日に至っています。後者の廃炉技術に至っては、いまだ計画さえ立てられていない状態です。

「為せばなる」と小泉元首相が楽観視するほどに日本の技術力はあるのでしょうか。何よりも、ある意味「後ろ向き」の技術である廃炉技術開発に情熱を傾ける人材を今後数十年にわたって確保できるのでしょうか。

脱原発について今一度、技術の視点から考えるときではないでしょうか。

日時2013年12月18日(水) 17:50~19:20(第6限)
場所桜美林大学 町田キャンパス 明々館
講師東京工業大学原子炉工学研究所助教 澤田哲生氏
入場無料
お申し込み不要

お問い合わせ

桜美林大学 国際学研究所
TEL : 042-797-6914
Email : iis@obirin.ac.jp

イベント情報

2017
12/11

芸術文化学群 藤崎ゼミ・向坂ゼミ合同展12/11(月)~15(金)

造形デザイン専修の藤崎いづみ、向坂文宏ゼミが合同でゼミ展を行…

2017
12/14

クリスマス音楽礼拝 ~聖書朗読と賛美によるチャペルアワー~ 12/14(木)

桜美林大学クリスマス音楽礼拝を開催いたします。 …

2017
12/15

小早川朗子ピアノゼミ(専攻演習、卒業研究)演奏会 12/15(金)・18(月)

芸術文化学群音楽専修では、小早川朗子ゼミによる発表演奏会を開…

2017
12/15

公開講演会「脱原発と核兵器廃絶をめざして —私たちに何ができるのか」12/15(金)

リベラルアーツ学群の倫理学専攻は、NPO法人原子力資料情報室…

2017
12/16

地域の皆様と共に祝う オビリン・クリスマス 12/16(土)

今年も恒例の『オビリン・クリスマス』を開催いたします。…

2017
12/16

公開授業 家庭裁判所調査官ー家族・人・社会の架け橋ー12/16(土)

家庭裁判所調査官について知っていますか?家庭裁判所調査官は裁…

2017
12/25

桜美林大学オーケストラ 定期演奏会 12/25(月)

桜美林大学オーケストラ第39回定期演奏会を「杜のホールはしも…

ページトップ